top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

佐野晶哉 共演の犬”吾郎さん”にメロメロな姿 「明日を綴る写真館」場面写真

映画スクエア

 2024年6月7日より劇場公開される、あるた梨沙による同名漫画を原作とした映画「明日を綴る写真館」から、佐野晶哉演じるカメラマン・太一と犬の”吾郎さん”が触れ合う姿を収めた場面写真が公開された。

 ”吾郎さん”は、さびれた写真館を営むカメラマン・鮫島に弟子と認めてもらえず、写真館になじんでいない太一に飛びかかって緊張をほぐしたり、人物を撮るのが苦手な太一のために被写体になったり、太一が長い間抱えている両親への“想い残し”に悩んでいる時にそばで慰めたりと大活躍を見せる。そんな吾郎さんに助けられるのは太一だけではなく、赤字続きの写真館の経営をめぐって息子とケンカした直後の鮫島に寄り添う姿も見せる。

 「明日を綴る写真館」は、さびれた写真館を営む無口なカメラマン・鮫島の物語。彼の写真に心を奪われた気鋭のカメラマン・太一は、華々しいキャリアを捨て、弟子入りを志願する。家族とのコミュニケーションすら避けてきた太一は、訪れる客と丁寧に対話を重ね、カメラマンと被写体という関係を超えてまで深く関わる鮫島の姿に驚きを隠せない。人々の抱える悩みや問題のために必死に奔走する鮫島に振り回されながらも、自分に足りないものに気付き始める太一。同時に、鮫島とその家族にも目を背けてきた“想い残し”があることを知る。

 平泉成が鮫島を演じ、「Aぇ! group」の佐野晶哉が太一役を務める。企画・プロデュース・監督は、平泉と佐野も出演した映画「20歳のソウル」でメガホンを取った秋山純が務める。

【作品情報】
明日を綴る写真館
2024年6月7日(金)全国公開
配給:アスミック・エース
©2024「明日を綴る写真館」製作委員会 ©あるた梨沙/KADOKAWA

 
   

ランキング(映画)

ジャンル