top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

元大関、土俵際で待っていた“落とし穴”に失速…まさかの光景に視聴者騒然「嘘やろ?」「そこから負けるの?」

ABEMA TIMES

<大相撲五月場所>◇中日◇19日◇東京・両国国技館

 直前で白星を取りこぼしてしまった前頭九枚目・正代(時津風)。取組を受け、ABEMAで実況を務めた清野茂樹アナウンサーは「落とし穴がありましたね。こんな落とし穴があるとは」と伝えた。

【映像】元大関、土俵際の“落とし穴”にハマる瞬間

 元大関の正代が、前頭七枚目・錦木(伊勢ノ海)に逆転負けを喫した。立ち合いから錦木はもろ差しを許し、土俵際に追い込まれたが、寸前のところで小手投げを繰り出し、逆転勝利を収めた。この取組に館内は大歓声に包まれた。

 清野アナが「落とし穴がありましたね」と寸前のところで白星を逃した正代について伝えると、同じく解説を務めた元横綱・若乃花の花田虎上氏は「やっと差せたのに。差せて前にいったんですけど、腰が高いから、最後振られた時に浮いちゃいましたね。正代の相撲かと思ったんですけどね」と敗因について分析していた。

広告の後にも続きます

 コメント欄にも「嘘やろ?」「そこから負けるの?」「今日の錦木は上手かった」「みんな正代が勝ったと思ったよな」などの声が寄せられていた。
(ABEMA/大相撲チャンネル)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル