top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ガクテンソク優勝『THE SECOND』徹底分析。“後攻有利”はなぜ起きたのか

日刊SPA!

 5月18日午後7時から約4時間にわたり『THE SECOND~漫才トーナメント~2024』グランプリファイナルが放映された。ここまで勝ち抜いた「結成16年以上」のベテラン漫才師8組は、ハンジロウ、金属バット、ラフ次元、ガクテンソク、ななまがり、タモンズ、タイムマシーン3号、ザ・パンチ(登場順)、審査するのは 昨年に引き続き100人の観客。また、アンバサダー・松本人志に代わり、ハイパーゼネラルマネージャーとして有田哲平(くりぃむしちゅー)が、スペシャルサポーターとして博多華丸・大吉が登壇した。2023年チャンピオン・ギャロップに続き、セカンドチャンス」を賭けた戦いを制するのは?
 M-1グランプリ、キングオブコント、R-1グランプリ、THE W、THE SECONDと、有名お笑い賞レースの採点結果を分析してきたお笑い好きテレビっ子・井上マサキ(@inomsk)が解説、お笑いを愛するまつもとりえこ(@riekomatsumoto)がイラストを担当します。

◆番組開始30秒で前回王者ギャロップが漫才

 時刻は19時。画面に映し出されたのは、青い照明に浮かび上がる番組セットと観客270名。タイトルコールと共に、初代王者のギャロップが呼び込まれて漫才を始めるまで、わずか30秒。『THE SECOND 〜漫才トーナメント〜 2024』は、こうしてあっという間に初代王者のオープニングアクトで幕を開けた。

 昨年末の『M-1グランプリ2023』もウエストランドからスタートしていたが、こちらは無観客のビル屋上から1分30秒。『THE SECOND』はこれから決戦が行われるスタジオで、たっぷり5分もギャロップのネタを見せる。スタジオを温め、トップバッターの不利を払拭する狙いもあっただろう。しかしそれ以上に、王者の漫才に対するリスペクトを感じた5分間だった。

 徹底して「漫才師ファースト」で作られた前大会から、対戦形式や審査方法を変えることなく今大会を迎えた『THE SECOND』。結成16年以上の漫才師8組によるグランプリファイナルを振り返りたい。

◆全試合の採点結果を表にまとめてみた

『THE SECOND』はトーナメント形式で争われ、1対1の”タイマン勝負”で勝敗を決める。審査をするのは100人の観客。持ち点は1人3点で、審査基準は「とても面白かった 3点」「面白かった 2点」「面白くなかった 1点」だ。全試合の採点結果を表にまとめてみた。

 昨年の採点と比べると「1点が0人」の組が増えている(昨年2組→今年のべ6組)。その一方、1点が目立つのが、ななまがりとザ・パンチ。ななまがりは芸風もあって予選から1点をつける人が多く、相手より3点の人数が多いのに負けてしまったのはななまがりだけだ。対戦相手のタモンズとは1点差なので、1点の1人が2点に回っていたら同点、3点ならば勝っていた。

 ザ・パンチは1回戦で1点0人だったが、準決勝で4人に急増。しかし80人以上が3点をつけ、タモンズに14点差で勝利。ちなみに「4-14-82」という両極端な点数は、昨年1回戦を突破したときの三四郎とまったく同じである。

◆7試合中6試合が後攻の勝利

 また、全体を通して見ると、後攻が勝つことが圧倒的に多いことに気付く。7試合中6試合が後攻の勝利。先攻が勝ったのは、準決勝のガクテンソクvs金属バットしかない。

 採点は、対決する2組がネタを披露したあとに行われる。ネタ時間は6分で、先攻と後攻の間にはほぼCMが入る(CMが入らなかったのは1回戦第1試合と準決勝第2試合のみ)から、後攻のネタが終わると先攻のネタは10分近く前の出来事だ。そうなると、どうしても後攻の印象が強くなるのではないか。

『THE SECOND』の採点は「絶対評価」を求めており、どちらが面白かったかで点差を付ける「相対評価」ではない。必ずしも2組に差をつける必要はなく、2組とも「とても面白い」と思うならどちらも3点にしたっていい。それなら1組ずつネタが終わったタイミングで採点すればいいように思うが、そうなると今度は「先攻は様子見で2点」とする人が増え、やっぱり後攻有利になってしまう。難しい。

 審査をする観客はお笑い好きを中心に集められており、MCの東野幸治曰く「プロ中のプロの素人」。審査コメントでは熱い思いを語る人もいた。フェアを追求した採点方式なのは間違いないので、観客たちの揺るがない「絶対評価」をいかに引き出すかが、今後の鍵となりそうだ。

◆有田&華丸大吉の「愛と優しさとユーモア」

 対戦形式や審査方法などはほぼ去年と変わりない『THE SECOND』だが、大きく異なるのが松本人志の不在。その穴を埋めるため、今回は「ハイパーゼネラルマネージャー」としてくりぃむしちゅー・有田哲平が、「スペシャルサポーター」として博多華丸・大吉が脇を固めた。

 MC席と有田&華丸・大吉の席は舞台下手に横並びにされており、ステージにあがる漫才師からはM-1の審査員席の方向にベテランたちが並んでいるように見える。とはいえ審査をするわけではないし、「イメージは『すべらない話』を見に来た叶姉妹」(大吉)なのだが、漫才師たちへの愛あるコメントがたくさん聞けたのがとても良かった。

 特に1回戦第4試合のタイムマシーン3号vsザ・パンチ。どちらもM-1ファイナリストを経験し、結成25年以上のベテラン同士。今大会屈指の好カードは、ザ・パンチに軍配があがる。

 有田は「この4人に言いたくないですけど……めっちゃかっこよかったです。憧れます」と正面から褒め称え、大吉は「だからSECONDは面白いし、ある意味残酷だし、ここでタイムマシーン3号が(負ける)っていうのは……でもね、売れている証拠でもある気もするけどね」フォロー。一方、華丸は「キャリアを積めば積むほどセンターマイクまでいらんことしますよね」とパンチ浜崎の振る舞いに言及してスタジオを沸かせる。3人それぞれが、愛と優しさとユーモアを体現する。

 ただ、このブロックで会場が最も沸いたのは、準決勝の対戦カードについて東野幸治が吠えた「すごいですよ! フジテレビ生放送で、タモンズvsザ・パンチ。できますか?できますか?日本テレビにこれができますか!?」だったのだけど。

◆決勝戦は“結成27年目”と“結成19年目”

 決勝戦は結成27年目のザ・パンチと、結成19年目のガクテンソク。

「もぅ~3回もありがとうございます~」と低姿勢で登場したザ・パンチは、サッカー部員とスカウトを演じながら、16年前のM-1ネタ「砂漠でラクダに逃げられて~」を入れて観客を大いに沸かせる。ガクテンソクは奥田のお誕生日を祝うサプライズパーティーを計画し、最終的にお内裏様の格好でマグロ漁船に乗り「世界に一つだけの花」をハモる。

 2組のネタ終了後、コメントを求められた有田は「ガクテンソクには漫才師の凄み、ザ・パンチにはお笑い芸人の凄みを見させていただきました。ありがとうございました」と頭を下げた。そういえば4時間の生放送のあいだ、有田は何度も漫才師たちに「おめでとうございます」「ありがとうございます」と発していた。

◆「何者かになれたんですけど…」

 結果は243vs294、大会最高得点でガクテンソクの優勝! トロフィーを手に、戦った仲間たちと喜びを分かち合うガクテンソクの2人。かつて相方から解散を切り出されたとき、奥田は「漫才で何者かになって辞めよう」と話したという。何者かになるとは、漫才で1番になること。ということは――。

 スタッフロールが流れる、もうすぐ番組が終わる。「テレビをご覧の皆さんに最後に一言」と振られた奥田は、トロフィーを抱えたまま正面を見据えて言い切った。

「何者かになれたんですけど……漫才、辞めません!」

 それはまさに、セカンドチャンスをつかんだ瞬間だった。

<TEXT/井上マサキ イラスト/まつもとりえこ 編集/アライユキコ>

【まつもとりえこ】
イラストレーター。『GINZAmag』『QJWeb』などでドラマ、バラエティなどテレビ番組のイラストレビューを執筆。趣味はお笑いライブに行くこと(年間100本ほど)。金沢市出身。Twitter:@riekomatsumoto



【井上マサキ】
ライター。大手SIerにてシステムエンジニアとして勤務後、フリーランスのライターに。理系・エンジニア経験を強みに、企業取材やコーポレート案件など幅広く執筆するかたわら、「路線図マニア」としてメディアにも多数出演。著書に『たのしい路線図』(グラフィック社)、『日本の路線図』(三才ブックス)、『桃太郎のきびだんごは経費で落ちるのか?』(ダイヤモンド社)など。X(Twitter):@inomsk
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル