top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

今永昇太が“ダンキンドーナツ逸話”でまたしても米記者陣の笑いを誘う!「コロコロ変わるやつだなと思われている」

THE DIGEST

今永昇太が“ダンキンドーナツ逸話”でまたしても米記者陣の笑いを誘う!「コロコロ変わるやつだなと思われている」(C)THE DIGEST
 まさに快刀乱麻と形容すべき好投だった。

 現地5月18日、シカゴ・カブスの今永昇太投手がピッツバーグ・パイレーツ戦で先発登板。7回を投げて4被安打1四球7奪三振と圧巻のピッチングで無失点に封じ込んだ。しかし、またしても味方打線の援護を得られず、今季6勝目はお預け。3試合連続で勝敗がつかなかった。試合はカブスが1対0のサヨナラ勝ちを収めている。
【PHOTO】大谷翔平の妻、田中真美子が輝いた“現役バスケ選手時代”を厳選フォトで一挙紹介! 貴重なショートカット時代も


 そして試合後の記者会見に臨んだ今永。この日もコメントが冴え渡った。

 記者から「(シカゴの)街を歩いていて気づかれることはないの?」と問われると、今永は「まだそんなに出歩いているわけではないので、球場の往復と、行きにダンキンドーナツのカフェラテを買うというルーティンしかない。街を歩いた時に声を掛けてもらえるような、そんな活躍がしたいですね」と殊勝に答えた。
  さらに記者が「じゃあダンキンドーナツでは(今永だと)知られていないの?」と畳みかけて質問。すると今永は「そうですねぇ…よくいつもスモールアイスラテかミディアムアイスラテか、決まってないんですけど、コロコロ変わるやつだなと思われていると思います」と切り返して会場の笑いを誘った。

 ゲーム前に「0.96」だった防御率は、なんと「0.84」にまで下がった。MLB公式サイトによるとMLB1年目の投手が9回目の先発で「0.84」をマークするのは、公式記録となった1913年以降で史上最高だという。新人という括りを取り払っても史上4位の数値なのだから驚異的だ。

構成●THE DIGEST編集部

【画像】ジーンズ姿の今永昇太がカフェラテを手に“出勤”する様子を捉えた一枚

【記事】「真美子さんと決めたってマジか…」大谷翔平が明かした“始球式辞退の真意”にネット上は感動の嵐!「人間性も神」「ヒーローすぎる」

 
【画像】大谷翔平&真美子夫妻の“仲睦まじいツーショット”写真を厳選してお届け!
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル