top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

低栄養素って知ってる?対策は○○な食事!

YESNEWS

何かと体の不調を感じやすい5月。

皆さんは低栄養素という言葉は知っているだろうか?

これは、体内のたんぱく質などが不⾜し、⾝体機能の維持に必要な筋⾁や⾻を作るための栄養が⾜りない状態で、1⽇に消費する栄養に対し、摂取する栄養が⾜りないことで起こるのが低栄養だ。

集中力の低下、免疫の低下、体力の低下などが症状としてある。

低栄養の主な原因としてあげられるのが、「⾷事量の低下」で、特に⾼齢者は全⾝の筋⼒が低下し、噛む⼒が衰え満⾜に⾷事を摂取しにくくなり、⾷事量が低下しやすくなるため、低栄養状態に陥りやすいと⾔われているが、近年は若者の間で低栄養が増加傾向に。

広告の後にも続きます

原因として挙げられるのが、ダイエットや美容の為の⾷事制限や、偏った⾷⽣活。

例えば、パスタのみの昼⾷や、パンとコーヒーのみの朝⾷など、炭⽔化物が多めの⾷事が代表的で、また、ファストフードやインスタント⾷品の摂りすぎも、脂質・糖質は多めである⼀⽅、ミネラルやビタミンが極端に不⾜し低栄養状態の原因となるようだ。

とにかく、バランスの良い食事というのが重要となる。

そこで今回、大塚製薬の栄養素カレッジのニュースレターより、静岡県⽴総合病院リサーチサポートセンター臨床研究部⻑の⽥中清氏による栄養の偏りによって起こる症状や対処⽅法、普段の⾷事でどのようなことに気を付けるべきなのかをご紹介しよう。

バランスの良い⾷⽣活で栄養不⾜を予防、というが昨年国内において「ビタミンD⽋乏」が注
⽬されたように、⾷⽂化の違いや時代の流れにより、どうしても摂りにくい栄養素がある。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル