top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

子ども部屋ってみんな何歳に用意してるの?子ども部屋のメリットとデメリットを500名の親から調査した結果がこちら!

Pouch[ポーチ]

子どもができたら、いつかは考えなければいけない「子ども部屋」の問題。

ある調査によると、子ども部屋を用意したタイミングで最も多かったのは「小学校入学前後」だったそう。ただ、多くの人が子ども部屋に対してメリット・デメリットがあると考えていることも明らかになったんです……!

【部屋はいつ用意するべき?】

訳あり物件買取ナビが、小学生〜高校生までの子供がいる500名を対象に実施した調査によると、「子ども部屋を用意したタイミングは小学校入学前後」と回答した人は最多となる123名。全体の約1/4を占める結果となりました。

続く2位は「中学校入学前後」(54名)となり、いずれも進学を機に子ども部屋を用意していることがわかります。3位以下の結果は次のとおりです!

3位 小学校高学年(53名)
4位 3歳未満(46名)
5位 小学校低学年(36名)
6位 幼稚園・保育園(31名)
7位 家の購入・引越しのとき(27名)

広告の後にも続きます

私には子どもがいませんが、ある友人は、海外さながら子どもが幼児の頃から1人部屋を与えていたし、別の友人は小学校を卒業するくらいまで同じ寝室だったよう。そもそも、家の広さも関係してくるので、結局は人それぞれじゃないでしょうか。

【メリット・デメリット】

今回の調査で興味深かったのは「子ども部屋があることのメリット・デメリット」です。それぞれのTOP5はこちら!

<メリット>
1位「リビンクが散らからない」(143名)
2位「プライバシーを守れる」(105名)
3位「自立心が芽生える」(87名)
4位「勉強しやすい(85名)
5位「集中できる場所になる」(35名)

<デメリット>
1位「子ども部屋が汚くなりがち」(188名)
2位「何をしているかわからない」(102名)
3位「部屋にこもってしまう」(95名)
4位「コミュニケーションが減る」(48名)
5位「ゲーム・スマホの時間が増える」(31名)

子ども部屋を持つメリットにおいて注目したいのは2位「プライバシーを守れる」。子どもを持つ親たちからは、

「子どもたちも外で頑張って帰ってくるので、1人でほっとしてゆっくりできる部屋があることで、疲れをとれる」(40代 女性)
「プライバシーが守られ、精神の安定につながる」(50代以上 女性)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル