top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「私が想像できる最大の名誉」クロップ監督ラストマッチを前にアンフィールドで特別セレモニー…スタンドに集まったスタッフとトロフィーと記念写真

超ワールドサッカー

リバプールとの別れが近づいているユルゲン・クロップ監督。リバプーるは指揮官への感謝と愛情を示し、監督も応えた。

リバプールの指揮を執り始めて9シーズン。プレミアリーグ初優勝やチャンピオンズリーグ(CL)優勝など、7つのタイトルを獲得。リバプールを常勝軍団の1つに押し上げていた。

今シーズンもEFLカップ(カラバオカップ)を制していた中、プレミアリーグも優勝争いをしていたが、終盤に失速することとなった。

クロップ監督にとっては、19日に行われる最終節のウォルバーハンプトン戦がリバプールのラストマッチに。その前に、本拠地アンフィールドではクラブから素晴らしいセレモニーが行われた。

リバプールはその様子をSNSにアップ。カジュアルな服装でアンフィールドのトンネルを駆け出たクロップ監督。すると、メインスタンドには大勢の人々が整列して座っている。

階段には赤い絨毯が敷かれ、クロップ監督が手にした7つのトロフィーが並べられることに。スタンドに座っていたのは、リバプールで共に仕事をしてきたスタッフたち。拍手でクロップ監督を出迎えた。

驚きの表情も見せるクロップ監督。スタッフたちとの印象的な集合写真は、クラブからの感謝の気持ちを愛情が感じられるものに。そして、クロップ監督は、スタッフやファンなどサポートしてくれた人々へのメッセージも残している。

「絶対に誰も忘れることのないようなフットボールの物語を生み出すことはできますか?」

「契約にサインする前からクラブを愛していることは分かっていた。それは私が想像できる最大の名誉です」

「ここはケニー(・ダルグリッシュ)のクラブ、スティーブン・ジェラード、ビル・シャンクリーのクラブだ。スカウザーズはとてもオープンでとても温かい」

「私が今の仕事ができているのは、人々がとても情熱を持っているからだ。あらゆる人々の関わりが素晴らしく、スタジアムで生み出せる感情は、この街にいる人間だけが持つ感情だ」

「これらは我々が決して忘れることのない瞬間であり、これらの瞬間をできるだけ多く集めることが人生というものだ。それはあなたのためであり、あなたのためにそれを行うことは光栄だ。なんてクラブなんだ。そしてあなたたちがこのクラブを作ったのだ」

栄光の9年間を終えるクロップ監督。ホームで迎えるラストマッチ後には、大きな拍手で送り出されることになるだろう。



CL決勝は6/2 午前4時キックオフ
WOWOWで生放送&ライブ配信!
>放送予定など詳しくはこちら
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル