top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

荘厳で絢爛豪華な寺宝で辿る京都・醍醐寺の歴史  国宝14件、重要文化財47件一挙公開! 「開創1150 年記念 醍醐寺 国宝展」 大阪中之島美術館にて開催!

cinefil

世界遺産となっている醍醐寺は、平安時代から「花の醍醐」と呼ばれる桜の名所で、豊臣秀吉が晩年、贅を尽くした「醍醐の花見」を行ったことでも知られています。
醍醐寺は、真言宗醍醐派の総本山であり、平安時代前期の貞観16年(874)、空海から数えて曾孫弟子にあたる理源大師聖宝(りげんだいししょうぼう)によって創建されました。

真言密教の拠点寺院として重要な役割を果たし、醍醐山山上(上醍醐)と山裾(下醍醐)の二つの伽藍からなる醍醐寺は、山の寺としての性格を持ち、国家安泰や祈雨など種々の祈願の場として、また江戸時代初期からは修験道の拠点寺院として発展し、国宝の五重塔や金堂など歴史的建造物が立ち並び、貴重な文化財が数多く伝来しています。

このたび、大阪中之島美術館において、大阪で初めてとなる醍醐寺の大規模名宝展「開創1150 年記念 醍醐寺 国宝展」が2024年6月15日~8月25日まで開催されます。

本展では、醍醐寺の歴史と美術が、「山の寺 醍醐寺」「密教修法のセンター」「桃山文化の担い手」の3つの章により紹介されています。
国宝《文殊渡海図》、重要文化財《不動明王坐像 快慶作》、《舞楽図屏風 俵屋宗達筆》など、醍醐寺に伝わる国宝14件、重要文化財47件を含む約90点の、創建以来、連綿と受け継がれてきた荘厳で絢爛豪華な寺宝を是非、ご鑑賞ください。

また、5つのコーナー展示「秘法継承」「密教法具一神秘の造形」「修験の寺」「引き継がれる聖宝の教えー顕密兼学の精神」「醒醐寺の近代・現代美術」により、密教の世界を体感して頂けます。
醍醐寺の法要により魂が吹き込まれた、落合陽一氏による作品「オブジェクト指向菩薩」の展示や、慶應SFCの先端技術を応用したデジタル曼荼羅ライブなど、初めて仏教美術をご覧になる方も楽しんで頂けます。
本展は醍醐寺の開創1150 年を記念する、貴重な国宝が多数展示される展覧会で、巡回はございません。貴重なこの機会にお運びください。

第1章 山の寺 醍醐寺

広告の後にも続きます

醍醐寺は醍醐山の頂上にある上醍醐と、山麓の下醍醐から構成されています。
本来、醍醐寺の始まりは上醍醐にあり、平安時代前期の貞観16年(874)、理源大師聖宝が笠取山の山頂に草庵を結び、准胝(じゅんてい)観音と如意輪観音を祀(まつ)ったのが醍醐寺の始まりです。
やがて醍醐寺は醍醐天皇の御願寺となり、天皇の庇護のもと上醍醐に薬師堂や五大堂が建立されました。

重要文化財《如意輪観音坐像》 平安時代(10世紀)
*通期展示 画像提供:奈良国立博物館

本像《如意輪観音坐像》は、創建当時のものではありませんが、多くの仏像の中でも醍醐寺の起源を象徴する仏像とされています。

第2章 密教修法(すほう)のセンター

密教の修法(加持・祈祷の作法)は種々の願いに対応する多様性を有していますが、同じ修法でも寺院や流派によって作法が異なり、独自の秘法は門外不出とされることが多かったようです。
本章では、平安時代から鎌倉時代の作品を中心に、仏像や仏画、密教法具が展示されています。皇族や貴族の信仰を集めた醍醐寺の美術品は、一流の仏師や絵師の手になるものが多く、人に恐怖心さえ起こさせる仏(ほとけ)の姿にも、どこか優美さが漂っています。

重要文化財《不動明王坐像 快慶作》 建仁3年(1203)
*通期展示 画像提供:奈良国立博物館

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル