top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

岡崎紗絵×宮澤エマ×Snow Man 向井康二、杉野遥亮主演ドラマ『マウンテンドクター』出演へ

Real Sound

(左上から時計回りに)岡崎紗絵、宮澤エマ、向井康二 ©︎カンテレ

 7月8日よりカンテレ・フジテレビ系で放送がスタートする杉野遥亮主演の月10ドラマ『マウンテンドクター』の追加キャストとして、岡崎紗絵、宮澤エマ、向井康二(Snow Man)の出演が発表された。

参考:杉野遥亮はどの作品でも支持される 『東リべ』『どうする家康』から紐解くフィット力

 本作は、山岳医療の現場に放り込まれた青年医師が、様々な想いを抱えた山岳医や患者と触れ合い、現実と向き合いながら成長していく、長野県松本市を舞台にした山岳医療ドラマ。実際に長野県松本市などでロケを行いながら、山岳医療の現場を描いていく。

 今回出演が発表された3人が演じるのは、過酷な大自然を相手に己の知識と技術だけを頼りに目の前の命をつなぐ“山岳医”を演じる杉野と大森南朋の2人にとって欠かせない、物語の軸に関わる人物たち。

 岡崎が演じるのは、信濃総合病院の麻酔科医・村松典子。この病院に赴任してきた杉野演じる整形外科医・宮本歩とは幼なじみであり、歩の初恋の相手でもある。学生時代から優秀で、目標にしていた医師となる夢を果たし、院長に指名されたことをきっかけに山岳医療チームに参加。歩が患者と向き合う姿を見ていくうちに、山岳医療における麻酔科医としての存在意義に目覚めていく役どころ。世話好きで、快活で明るい性格だが、母親との間に抱えた問題を誰にも相談できずにいる。

広告の後にも続きます

 宮澤が演じるのは、信濃総合病院の看護師・鮎川玲。国内山岳看護師の資格を持っている。祖父が山小屋を経営しており、かつては山小屋を手伝う元気な看板娘だった。幼い頃から山で育ち、山を愛していたが、ある事故をきっかけにその気持ちを塞いでしまう。真面目で常に冷静なタイプであり、山を信じて山岳医療に打ち込む歩(杉野遥亮)の姿に感化されていく役どころだ。

 向井が演じるのは、歩(杉野遥亮)と典子(岡崎紗絵)の幼なじみで、地元・長野県松本市で焼き鳥屋「しんちゃん」を営む店主・小松真吾。歩が長野に戻ってきてからは、歩、典子、玲(宮澤エマ)の行きつけのお店となり、仕事終わりの3人が集う憩いの場所になる。若くして結婚し、離婚も経験しているバツイチ・子持ちで、離れて暮らす息子との向き合い方に悩んでいる。常に明るくムードメーカー的な存在だが、他者を観察し相手の気持ちを考える優しい性格。昔から歩の最大の理解者でもあるという設定だ。

 ファッションモデルとしても活躍し、テレビドラマの主演をはじめ、4月に放送されたスペシャルドラマ『GTOリバイバル』への出演など女優としての活躍もめざましい岡崎。これまでの数々の医療ドラマ出演経験を活かし、今回、初の山岳医療ドラマに挑戦する。

 『ラビット・ホール』や『オデッサ』をはじめとした数々の舞台に出演している宮澤。近年はドラマなど映像の世界でも存在感を増す宮澤が、初の医療ものに挑む。

 Snow Manのメンバーで、バラエティー番組で存在感を発揮するほか、1月期放送の『リビングの松永さん』(カンテレ・フジテレビ系)から3クール連続でのドラマ出演を果たすなど俳優としても活躍する向井は、初めてのバツイチ・子持ち役に挑戦する。

 岡崎、宮澤、向井の3人と、主演の杉野からはコメントも到着した。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル