top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

阪神、3カード連続勝ち越しで貯金6 才木6回2失点で両リーグ単独トップ5勝目

ベースボールキング

阪神、3カード連続勝ち越しで貯金6 才木6回2失点で両リーグ単独トップ5勝目(C)ベースボールキング

○ 阪神 7 - 2 ヤクルト ●
<9回戦・甲子園>

 首位の阪神は逆転勝ちで2連勝。3カード連続の勝ち越しを決め、貯金は再び「6」となった。

 阪神打線は2点を追う2回、敵失と6番・ノイジーの二塁打で無死二、三塁とし、7番・梅野、8番・木浪の連続犠牲フライで同点。4回はノイジー、梅野、木浪の3連打で無死満塁とし、9番・才木が押し出し四球を選び逆転した。1番・近本も右前適時打で続き4点目。ヤクルト先発・石川をこの回でノックアウトした。

 8回は木浪の中越え2点適時二塁打、代打・原口の右前適時打で3点を追加。この日は梅野1打点、木浪3打点、才木1打点と、下位打線の3人で計5打点を記録した。

 先発の才木は、試合前から降り続く雨に苦しみ初回に2失点。それでも2回以降は我慢強くゼロを重ね、終わって見れば6回5安打2失点の好投で救援陣にバトンを渡した。

 7回以降は石井、ゲラ、浜地が1イニングずつ無失点リレー。才木は両リーグ単独トップとなる5勝目(1敗)を挙げ、岡田監督は阪神監督として通算500勝に到達した。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル