top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

“1番”大谷翔平は2戦連続本塁打ならず4打数ノーヒット。ドジャースは4対0で勝利、レッズ相手に2連勝!

THE DIGEST

“1番”大谷翔平は2戦連続本塁打ならず4打数ノーヒット。ドジャースは4対0で勝利、レッズ相手に2連勝!(C)THE DIGEST
 現地5月18日、ロサンゼルス・ドジャースは本拠地でシンシナティ・レッズと対戦し、4対0で勝利した。
【PHOTO】大谷翔平の妻、田中真美子が輝いた“現役バスケ選手時代”を厳選フォトで一挙紹介! 貴重なショートカット時代も

 ベッツが休養日となったこの日、大谷翔平は「1番・DH」でスタメン出場。1回の無死走者なしの第1打席は7球目を打ってサードゴロ、3回の二死走者三塁の第2打席は4球目を捉えるも、セカンドゴロとなり攻撃終了となった。

 4回にはドジャースの5番アンディ・パヘスがセンターへ適時打を放ち先制点。さらに送球の間に進塁し、ランナー二、三塁のチャンスを作り、6番ギャビン・ラックスのピッチャーゴロの間に、三塁ランナーが生還した。ドジャースはこの回に2点を追加し、リードを広げた。

 大谷は5回の一死二塁の第3打席もレフトフライとし、ここまでノーヒット。次打者の2番フレディ・フリーマンがセンターへのタイムリーヒット放ち、ドジャースはさらに得点を重ねていく。
  ドジャースの先発ウォーカー・ビューラーは6回(78球)を投げて、被安打3、7奪三振の好投で得点を許さないまま降板。無失点で2番手マイケル・グローブに託した。

 7回二死走者なし、3点リードで迎えた大谷の第4打席はファーストゴロとなった。この日大谷は、打率.350、4打数無安打とし、2戦連発となる本塁打は見られなかったが、8回にもドジャースの4番テオスカー・ヘルナンデスが一死走者二塁で右適時打を放ち追加点を挙げるなどし、4対0でドジャースがレッズに勝利した。

構成●THE DIGEST編集部

【画像&動画】サプライズ登場→感動の始球式! 大谷翔平と13歳リー君の心温まる交流をフルチェック!

【関連記事】「ただ打球音を聞くだけで大谷翔平のHRだってわかるよ」MLBトップ13号の衝撃弾に米記者たちが興奮「球界最高の打者がまた打った!」

【動画】打球音が凄い! 大谷翔平、メジャートップの13号“逆方向弾”!
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル