top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

THE RAMPAGE 岩谷翔吾「なぜここまでダンサーの気持ちがわかるんだろう」 恩田陸『spring』を読んで

Real Sound

 史上初の直木賞&本屋大賞をW受賞した『蜜蜂と遠雷』をはじめ、多くのベストセラー小説を手がけてきた恩田陸が、3月22日に新作小説『spring』(筑摩書房)を刊行した。舞踊家にして振付家の萬春(よろず・はる)というバレエの天才を主人公とした傑作長編小説に仕上がっている。

参考:恩田陸「才能にはいろいろな発露の仕方がある」 渾身のバレエ小説『spring』が描く、新たな天才の姿

 ダンス&ボーカルグループ・THE RAMPAGEの岩谷翔吾は、同作を読んで「なぜここまでダンサーの気持ちがわかるのだろう」と驚愕したという。「全ダンサーの気持ちを代弁してくれている」とまで語る岩谷に、本書の感想について余すところなく語ってもらった。

■天才と対峙しなければいけない周囲の人々にも共感

ーー岩谷さんは読者家として知られ、初の書き下ろし小説『選択』が10月に幻冬舎から刊行されます。集英社のブックレビュー連載「岩谷文庫~君と、読みたい本がある」では、恩田陸さんの小説『三月は深き紅の淵を』を紹介していましたね。もともと恩田さんはお好きだったのでしょうか。

広告の後にも続きます

岩谷:数々のベストセラーの名作を書かれている恩田さんの作品は、もちろん大好きでした。連載で『三月は深き紅の淵を』を紹介したのは、この小説が物語の根源について書いたものだったからです。小説や物語についての連載だったので、締め括りのラストの回にふさわしいと思って選びました。

ーー恩田さんの今回の新作『spring』では、バレエの世界が描かれています。同じくパフォーマーとしてダンスに取り組んできた岩谷さんは、どのような感想を持ちましたか。

岩谷:なぜここまでダンサーの気持ちがわかるんだろうと思いました。僕が経験してきたことを代弁してくれているようでした。自分の人生の1ページ1ページをめくっているようで、懐かしい気持ちさえ覚えました。僕はヒップホップなどのストリートダンスをやってきたので、バレエのように格式のあるダンスとは少し違いがあるかもしれません。でも、練習から本番に向かうまでの流れや、ダンスに対する姿勢については、共通するところも多かったです。自分の人生のみならず、全ダンサーの人生を代弁してくれている小説だと思います。

 だからこそ、「一本取られた!」とも思いました(笑)。僕も小説を書いているので、自分もこんな作品を書きたかったなと。僕は27歳ですが、ダンスを始めて18年になります。人生の大半をダンスに捧げてきました。改めて僕も、いつかダンスの経験を踏まえた小説を書いてみたいと、気持ちを新たにしました。

ーーこの小説では才能と才能のぶつかり合いが描かれています。才能というものに対して、何か思うことはありますか。

岩谷:僕自身は、才能とは「継続力と集中力」だと思っています。特に僕は天才肌タイプではなくて、コツコツ積み上げる努力家タイプなんです。自分の努力と周りの方々のサポートによって運を味方にできたからこそ、今の自分があると思っています。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(読書)

ジャンル