top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

『アンチヒーロー』第6話 “明墨”長谷川博己、政治家のスキャンダル記事を書いていた編集者の弁護を担当

クランクイン!

 長谷川博己が主演する日曜劇場『アンチヒーロー』(TBS系/毎週日曜21時)の第6話が19日の今夜放送される。

 本作は「正義の反対は、本当に悪なのだろうか…?」を視聴者に問いかけ、スピーディーな展開で次々と常識を覆していく逆転パラドックスエンターテインメント。日常のほんの小さなことがきっかけで正義と悪が入れ替わり、善人が悪人になってしまう様を活写する。

■第6話あらすじ

 連続不同意性行事件の弁護を担当した明墨(長谷川)は、警察が一部の事件をでっち上げていたことを指摘し、再び社会を騒然とさせる。そんな彼の前に殺人事件の容疑者として逮捕されながら無罪を勝ちとった緋山(岩田剛典)が姿を見せるのだった。

 そして明墨は出版社の女性副編集長の弁護を請け負うことに。彼女はかつて政治家のスキャンダル記事を書いていた…。
 
 日曜劇場『アンチヒーロー』は、TBS系にて毎週日曜21時放送。
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル