top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

イタリアでも「武士は食わねど高楊枝」【イタリア】

ワウネタ海外生活


痩せ我慢を意味する日本のことわざ「武士は食わねど高楊枝」は、貧しくて食事が出来なくても、お腹いっぱい食べたかのように楊枝を使って見せる武士を表現したもの。
日本のことわざからイメージしているのか、イタリアのスーパーで販売されている爪楊枝のパッケージは、ほぼ例外なく「SAMURAI」がモチーフで、あまり強そうに見えない西洋風の武士がデザインされています。
よくよく見ると背景に「侍」文字も!




そして、日本の爪楊枝とは違い、上下がなく両方使えて結構尖っているのが特徴です。
爪楊枝はイタリア語でStuzzicadenti(ストゥッチカデンティ)。
レストランで爪楊枝が必要な時にお店の店員さんにストゥッチカデンティが欲しいと言うとテーブルへ持ってきてくれます。
それはスーパーに売っている物とは違い、1本ずつ紙に包まれていて、レストランによってはエレガントな紙やお洒落な箱に入っている場合も。
イタリアに訪れる機会があればイタリアの爪楊枝をチェックしてみてくださいね!

 
   

ランキング(おでかけ)

ジャンル