top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

妊娠・出産について実話を基に制作した群像劇映画『渇愛の果て、』初日舞台挨拶

ジェイタメ

映画『渇愛の果て、』は、「家族・人間愛」をテーマにし、あて書きベースの脚本で舞台の公演を行なってきた「野生児童」主宰の有田あんが、友人の出生前診断の経験をきっかけに、助産師、産婦人科医、出生前診断を受けた方・受けなかった方、障がい児を持つ家族に取材をし、実話を基に制作した、群像劇。助産師・看護師・障がい児の母との出会い、家族・友人の支えにより、山元家が少しずつ我が子と向き合う様子を繊細に描きつつ、子供に対する様々な立場の人の考えを描く。

5月18日の初日舞台挨拶には、監督・脚本・主演の有田あん、妻・眞希の妊娠・出産に向き合う夫・山元良樹役の山岡竜弘、母親としての先輩・竹中里美役の小原徳子、未婚の女優・白井桜役の瑞生桜子、仕事を理由に妊娠を先延ばししているキャリアウーマン・東堂美紀役の小林春世、「役者だけに集中したい」と言う桜の彼氏・中西隆役の二條正士が登壇した。

冒頭、有田監督が、「満席になって有難い気持ちで一杯です」と感極まる表情で満席のお客さんに挨拶をして初日舞台挨拶がスタート。

本作の制作経緯について聞かれた監督は、「2019年に地元の友達が妊娠している時から悩みを打ち明けてくれていました。本作の物語も沿っているところがあるんですけれど、彼女は体調不良で切迫早産になって、入院しました。その時に羊水検査をして、体に異常はあるかもしれないけれど、健康に生まれてくるとのことだったんですけれど、生まれてみたら3万人に1人の難病でした。もう少し出産や妊娠に関しての予備知識があるだけで、未来の可能性が広まったり、隣にいる友人がどんなことを考えているのか想像ができるんだったら、少しだけ優しい世界になるんじゃないかと想いを込めて作りました。」と説明。

本作は、妊娠・出産を経験する夫婦だけでなく、医療従事者側や男性も描いている。有田は、「自分の子供の話なのに、法律(民法834条)をお医者さんから突きつけられたりすることもあり、友人もショックを受けたことがあったんですけれど、彼女も、『お医者さんも悪気があったわけではなく、お医者さんはお医者さんで命を守るという使命があって、法律の話が出てきたんやろうな』と言っていました。また、彼女に作品にする同意をいただく時に、『どっちかが悪いという話にしないでほしい』と言われていました。私も勧善懲悪みたいな作品は好きではないので、どちら側も描きたいと思い、監修医の産婦人科医の洞下(由記)先生や、取材協力の助産師の高杉(絵理)さんにお話を伺って、医療従事者側の話もみなさんに知ってもらえたらと思いました。」とのこと。男性側も描いていることに関しては、「男性キャストに台本の感想を聞いた時に、『こういう時男性ってなんって言ったらいいんでしょうね?』と一言をいただいて、それってリアルだなと思って、男性側の目線も入れて、多角的な視点を取り込みました」と話した。

山岡は、有田演じる妻・眞希の妊娠・出産に向き合う夫・山元良樹役。ポスターに使われている写真にも写っている良樹と眞希の家は、妻役の有田が当時実際に住んでいた家を撮影で使ったそう。山岡は、「機材を置きやすい廊下もある、撮影しやすいところを探して、撮影のために引っ越したんですよね?有田さんは全てをかけて撮影に臨んでいました。」と感銘を受けていた。

広告の後にも続きます

このポスターにも使われている子供の延命治療について話し合うシーンは、障がいを持つお子さんの親御さんからお話をお伺いした直後に撮影したそう。「ある一つの決断を妻に伝えるシーンだったのですが、(撮影直前に)実際に障がいのあるお子様をお持ちの方からお話を聞けました。僕らがこのシーンで演じたような場面をご自身が迎えたという方の生の言葉を聞けて、当事者の方が見た時にどう感じるのかということを今まさに聞いた状態で撮影を始められました。お芝居が終わった後にその方と目を合わせて、この作品のテーマでもありますけれど、“感じ合いながら”目配せをして、確認しながらできました。」と話した。

母親としての先輩・竹中里美役の小原は、コロナで舞台の上演が中止となった際に、有田に長編映画の監督をすることを勧めたそう。本作の撮影前に、プロデュース作で短編映画の監督を有田にお願いしたとのことで、「ありちゃんの作・演出の舞台を観た時にありちゃんが描く家族の絆がすごく純粋であったかくてストレートで素敵だなと思ったので、短編の監督をお願いしました。今回も、ありちゃんがこのテーマで家族のことを描いたら、あまりくどくなくストレートにぶつけ続けてくれるだろうなと思って電話しました。ありちゃんだったら自分の心のうちを曝け出すのがすごく上手だと思うので、それが素直にみなさんの心に届くのではないかと思いました」と有田の手腕を絶賛。

小原演じる里美が妊娠した時のカウンセラーとのシーンは、出生前診断の重みも感じられて印象的。小原は、「台本を読んだ時は『自分の決断ということで自分自身のことを考えるんじゃないかな』と思ったんですけれど、撮影の際にありちゃんが私の旦那役の大山(大)君に、『もっと慌てて』というようなもっと混乱しているような演出をつけていて、『私がしっかりしなきゃ、私が支えなきゃ』という気持ちが本番中に芽生えて、これが、『お腹の子を私が守らなきゃとか、旦那さんを自分が支えなきゃ』という母の始まりなのかなというのを撮影中に感じました。沸々と湧き上がる母性を感じたシーンでした」と疑似体験をした裏話を披露した。

瑞生が演じた未婚の女優・白井桜は、眞希の親友グループの一人。「親友の空気感ってその人たちにしかない、外から入れない空気感があるものだと思うんですが、初めてに近い人たちでどれだけ短期間で出せるかというのは心配もしていたんですけれど、撮影現場に行ったら、心配は吹っ飛びました。みんな明るくて楽しくて、本当に大好きになりました!その空気感が映画にもそのまま映っているなと思いました。」とのこと。

瑞生は、眞希を平手打ちするシーンが印象的。撮影の裏話を聞かれると、「誤解をなく言うと、気持ちよかったです」と大笑い。「なかなか人を平手打ちすることは日常でないと思うんですけれど、今観ていただいた方には、なんでああなるのかはお分かりになると思うんですけれど、桜自分自身の中にある後ろ暗さは作品を撮っている間ずっとあったので、人を責めながらも、自分自身がずっと刺されている感覚がありました。人に暴力を振るうと、自分に一番痛みが来るなと感じました。」と実感を込めて話した。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル