top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

実写『シティーハンター』冴羽リョウを追いつめる美女に注目!

シネマトゥデイ

リョウとのバトルは必見! 『シティーハンター』の片山萌美 – (C)北条司/コアミックス 1985

 北条司の大ヒット漫画を実写化したNetflix映画『シティーハンター』。主人公・冴羽リョウ役の鈴木亮平をはじめ、ヒロイン・槇村香役の森田望智、槇村秀幸役の安藤政信、野上冴子役の木村文乃など、主要キャストの熱演も話題になっているが、『シティーハンター』に欠かせない要素ともいえる、依頼人にも注目したい。(ネタバレあり。以下、映画の内容に触れています)

 冴羽リョウは、新宿を拠点に、裏社会でのトラブル処理を請け負う超一流のスイーパー(始末屋)。腕前は確かだが、美女にはとことんだらしがなく、依頼も美女優先となってしまうのが玉に瑕。本作でもリョウが、白いニットに身を包んだ「もっこりニットちゃん」な美女のために、彼女の妹だという有名コスプレイヤー・くるみ(華村あすか)の捜索を引き受けたことから、大事件に巻き込まれていく。

 しかし、実はこの“もっこりニットちゃん”こそ、くるみを狙う組織の刺客・蠍(さそり)だった。悪戦苦闘の末に保護したくるみから、姉なんかいないと明かされたリョウが「だまされたあああっ! またやられた 色気にいいいいっ!」とくやしがる姿もまた『シティーハンター』らしい場面だ。

 リョウのモチベーションの源にして強敵となる蠍を演じたのは、ドラマ「フクロウと呼ばれた男」「グレイトギフト」、映画『マッチング』などに出演する女優の片山萌美。劇中で蠍は、もう一人の刺客・羆(ひぐま/演・阿見201)と共に、くるみが出演するコスプレイベントを襲撃し、リョウの前に立ちはだかる。長いムチやクナイのようなナイフを操ってリョウを追い詰める彼女の大立ち回りは、本作の見どころのひとつであり、X(旧Twitterでも)「蠍姐さんのアクションすごい!」など絶賛の声があがっている。

「もっこりニットちゃん」の正体は……! (C)北条司/コアミックス 1985

 また片山も15日、自身のInstagramで蠍のオフショットを披露。「多くの方に支えていただいてできた蠍のアクションシーン 皆様にお褒めいただきとても嬉しいです アクション素人の私を根気強く鍛えてくださったアクションチームの皆様本当にありがとうございました」とアクションチームへの感謝。「ちなみなアクションシーンを観ると今だに勝手に体が動きます…笑」と明かしている(※冴羽リョウの「リョウ」は正式には漢字・けものへんに寮のうかんむりなし)(編集部・入倉功一)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル