top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

『シティーハンター』鈴木亮平が撃ちまくる、ガンアクションの魅力 凄腕スイーパー・冴羽獠を凌ぐ身体能力

Real Sound

『今日からシティーハンター』

■凄腕スイーパー・冴羽獠の再現度は?

『シティーハンター』といえば、スーパーテクニックが炸裂するガンアクションが売り物である。凄腕のスイーパーである冴羽獠の手にかかれば、初弾が当たってできた穴に二発目以降を通すワンホールショットも朝飯前。相手の銃の銃身に弾を打ち込む、弾丸に弾丸を衝突させるなど、常人には到底不可能な離れ業を描くことで、獠の並大抵ではない射撃の技量が表現されてきた。

【写真】シティーハンターのスピンオフ作品『今日からシティーハンター』を試し読み

  Netflix版『シティーハンター』でも、この「荒唐無稽でマンガっぽいガンアクション」は健在である。鈴木亮平演じる獠は冒頭からノールックで半グレの拳銃を撃って弾き飛ばすし、ラスト手前では歩いて移動しながらのワンホールショットという、「冴羽獠じゃないと無理だよ、そりゃ」という射撃をキメたりしている。まあ、そこは『シティーハンター』なんだから当たり前である。

■細部まで見どころが多いアクションシーン

広告の後にも続きます

  とはいえ、意外に地に足がついているというか、物理的には不可能ではないし、細かいところがよくできてるな……というアクションが多いのもこの作品の特徴だ。特に、クライマックス直前のユニオンの部隊と獠が大銃撃戦を繰り広げるシーンでの鈴木亮平の動きは、速く正確で見栄えもいい。

  獠が短機関銃のMP5Kを使って戦っている際、放り投げられたマガジンを受け取ってリロードするシーンはそのわかりやすい一例である。この銃には弾薬をこめるチャージングハンドルを引いて固定しておけるストッパーが付いており、マガジンを交換してからハンドルを叩いてストッパーを外すと、素早く弾を込め直すことができる。このハンドルを叩いて弾を込め直す一連の動作を、銃の製造メーカーの名前を取って「HKスラップ」という。

  色々な映像作品で見られるHKスラップだが、『シティーハンター』で鈴木亮平が見せた動きは抜群に速い。特に「目にも止まらない」と言っていいくらい速いのは、香が投げたうちふたつめのマガジンをキャッチしてリロードするシーンだ。あんなに素早く、しかも素手でHKスラップをしたら手が痛いんじゃないのか……と、なんだか心配になってしまうくらい、この時のリロードは早い。

■鈴木亮平の左手の動きに注目

  また、鈴木亮平が左手で銃を扱うのがうまいのにも注目したい。前述のリロードのすぐ後、右手だけでMP5Kを撃ちつつ、左手でベルトに挟んだベレッタを引き抜いて撃つシーンがある。手元に鉄砲のおもちゃが二丁以上ある人はちょっとやってみてほしいのだが、後ろ向きに歩きながら右手で銃を振り回しつつ、左手でベルトに挟んだ銃を引き抜く……という動作を澱みなく行うのはけっこう難しい。

  さらにその直後、弾切れになったMP5Kを捨ててそのまま右手で手前の敵を殴り、放り投げられたもう一丁のベレッタを受け取るシーンがある。カットが切り替わっているので一連の動作というわけではないのだが、ここで受け取った側のベレッタを装填するために、左手で持っているほうのベレッタのグリップエンドを叩きつけるようにしてスライドを動かしているのもなかなかすごい。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(読書)

ジャンル