top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

1軍の“主力”になれない…?阪神、2024年シーズンの出場機会に飢える選手6人

ベースボールチャンネル

1軍の“主力”になれない…?阪神、2024年シーズンの出場機会に飢える選手6人(C)ベースボールチャンネル
プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 プロ野球の世界では、高い能力を持ちながらも所属球団の戦力状況により、一軍での出場機会がなかなか得られない選手も少なくない。特に昨季日本一となった阪神タイガースは、投打で充実した戦力を誇る。ここでは、一軍での出場機会が限られそうな阪神の選手を紹介したい。

 

今シーズンのセ・リーグはDAZNで生中継!
月額1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]

 

榮枝裕貴


・投打:右投右打
・身長/体重:180cm/85kg
・生年月日:1998年5月16日
・経歴:高知高 – 立命館大
・ドラフト:2020年ドラフト4位

 
 オープン戦では捕手陣の相次ぐ故障離脱により、チャンスを得ていた榮枝裕貴。しかし、思うような活躍ができず、開幕後は二軍暮らしが続いている。
 
 立命館大から2020年ドラフト4位で阪神タイガースに入団。プロ1年目は右肋骨の疲労骨折を2度発症し、一軍出場なしに終わった。
 

 
 翌2022年もファームが主戦場となったが、シーズン最終戦に代打で一軍初出場し、プロ初安打初打点を記録した。
 
 しかし、昨季も一軍定着には至らなかった。ファームでは63試合出場で打率.240、2本塁打、20打点の成績。一軍ではリーグ優勝決定後、ようやくプロ初スタメンを経験した。
 
 プロ4年目の今季はオープン戦で出場機会を得たが、リード面に岡田彰布監督が苦言を呈し、開幕二軍スタートに。
 
 一軍には坂本誠志郎、梅野隆太郎など経験豊富な捕手が君臨している。また、二軍には中川勇斗、藤田健斗といった若手捕手も控えており、厳しい立場となっている。なんとか現状を打破したいところだ。

島田海吏

広告の後にも続きます


・投打:右投左打
・身長/体重:176cm/71kg
・生年月日:1996年2月6日
・経歴:九州学院高 – 上武大
・ドラフト:2017年ドラフト4位

 
 昨季は代走や守備固めを中心に101試合に出場した島田海吏。しかし、今季は開幕早々に二軍降格となるなど、苦境に立たされている。
 
 2017年ドラフト4位で阪神タイガースに入団。ルーキーイヤーはファームが主戦場となったが、徐々に一軍での出場機会を増やした。
 

 
 2021年はシーズン後半から一軍に定着すると、翌2022年にはスタメン出場の機会を増やし、自己最多の123試合に出場。打率.264(規定未満)、21盗塁の好成績を残した。
 
 昨季は代走や守備固めを中心に101試合に出場したが、打率.145と大きく低迷。今季も開幕一軍スタートを切ったが、4月3日に二軍へ降格。
 
 一軍の代走や守備固めの役割は、植田海や熊谷敬宥といった内外野をこなすユーティリティープレイヤーが担っており、外野手専門の島田にとっては分が悪い状況だ。再びバットで存在感を示し、新たなポジションを確立していきたい。

熊谷敬宥


・投打:右投右打
・身長/体重:175cm/68kg
・生年月日:1995年11月10日
・経歴:仙台育英高 – 立教大
・ドラフト:2017年ドラフト3位

 
 主に守備固め・代走として、貴重な戦力となっている熊谷敬宥。今季は開幕から一軍に帯同するも、少ない出場機会となっている。
 
 立教大から2017年ドラフト3位で阪神タイガースに入団。プロ入り当初はファーム暮らしが続いたが、代走や守備固めを中心に徐々に一軍での出場機会を増やした。
 

 
 2021年には外野守備に挑戦し、自己最多の73試合に出場。同年は7盗塁をマークするなど、代走のスペシャリストとして存在感を示した。
 
 しかし、昨季はわずか26試合の一軍出場に。二軍では41試合の出場で打率.190とバッティングで結果を残せなかった。
 
 今季は開幕一軍入りも、ここまで思うように出場機会を得られておらず、同じ役割を担う植田海が積極的に起用されている。必要な戦力とはなっているが、さらに出番を増やしていきたいところだ。

及川雅貴

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル