top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

20年間「孤独死ゼロ」を実現させた大山団地・自治会会長の佐藤良子さん

女性自身

20年間「孤独死ゼロ」を実現させた大山団地・自治会会長の佐藤良子さん(C)女性自身

「あら、木村さん。風邪は、すっかりよくなったようね」
「ご心配かけましたが、なんとか生きてるわよ(笑)」

 

ママチャリですれ違いざま、高齢の女性たちの会話が始まる。ふたりの背後では、初夏の日差しのなか、団地内の公園で遊ぶ子供たちの声が響きわたっていた。

 

「また体調が悪くなったら、いつでも私の携帯に電話ちょうだい」

広告の後にも続きます

 

と、笑顔で70代の住民に声をかけたのは、東京都立川市にある大山団地「大山自治会」相談役の佐藤良子さん(82)。

 

大山団地は正式には都営上砂町一丁目アパートといい、26棟に1千400世帯・3千800人が暮らす。このマンモス団地がいま全国で注目されているのは、20年にわたり「孤独死ゼロ」を続けているからだ。

 

最初の東京オリンピックの前年の1963年に入居が始まった同団地。高度経済成長期を経てわが国に押し寄せた高齢化の波は、当然、ここにも及んだ。佐藤さんが言う。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル