top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「向こう三軒両隣」は私が守る!マンモス団地の女性自治会長の奮闘

女性自身

「向こう三軒両隣」は私が守る!マンモス団地の女性自治会長の奮闘(C)女性自身

【前編】20年間「孤独死ゼロ」を実現させた大山団地・自治会会長の佐藤良子さんより続く

 

自治会活動を始めたころは、役員は男性だけで、お金の使い方も不透明。これはおかしいと、自治会役員に立候補。“向こう三軒両隣”の精神で、コミュニティのつながりを、自らリーダーシップを取り実現してきた佐藤良子さん(82)。

 

そして直面する、少子高齢化。1千400世帯、3千800人が暮らすマンモス団地は、日本社会の縮図なのかもしれない。

広告の後にも続きます

 

そこにかつてのにぎわいを取り戻すべく、82歳のいまも奔走する。その姿には日本を再生させるヒントがある。

 

佐藤さんの自治会改革はまた、男性社会の理不尽なカベを突き破っていく闘いの連続でもあった。

 

「自治会の活動を続けてきて思うのは、地域作りの底力となるのは情熱ある“人”ということ。男とか女とかは関係ない」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル