top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

高山一実、西野七瀬、内村光良 登場! 『トラペジウム』 西野は「(高山の)弱音を一切聞いたことがない」

TREND NEWS CASTER

先週公開を迎え大きな注目が集まる中、『トラペジウム』公開御礼舞台挨拶が、18日、東京・新宿バルト9で開催された。

豪華キャスト勢揃い

原作者・高山一実をはじめ、主人公・東ゆう役の結川あさき、外国語通訳のボランティアをしている、伊丹秀一役のお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良。

また、伊丹秀一の仲間のおじいさん役の西野七瀬ら、豪華キャストが舞台に勢揃い。

「いいねをつけたい!」

公開から1週間が経ち、原作者の高山は「皆さんの感想を見ていると『ああ、わかる!』、『“いいね”をつけたい!』と思えるものばかりで、どのご意見も正解だと思います」と話す。

西野は、「声優のお話をいただいた時は笑っちゃいました!おばあさんならまだわかるけど、って(笑)」。

広告の後にも続きます

「でも、かずみん(高山)や内村さんと一緒におじいさんの役を演じると聞いて、それなら心強いと思いすぐに『やりたいです』と答えました」と、出演を即決したことを明かした。

高山の姿勢を絶賛

さらに、「私は、当時かずみんが小説を執筆しているのを横で見ていて。グループ活動をしながら(の執筆)で大変だったのに弱音は一切聞いたことがない」と高山の姿勢を絶賛。

内村は、「一実ちゃんが小説家として本当立派に活躍して、映画化では企画やキャスティングやデザインなどすべてに関わって、宣伝活動も頑張って、彼女は本当に大変だったと思います」とねぎらった。

「芸能界は素敵な皆さんが…」

最後に高山は「『ありがたい』が重なっていく毎日を過ごしております。作品やキャラクターのことを私以上に考えてくださる監督さんを始め、本当にたくさんの方に関わっていただいてとても嬉しかったです」。

また、「この作品で伝えたかったのは、芸能界は素敵な皆さんがたくさんいらっしゃるということで、それは私がこの世界に入って知ったことなんです!」と熱く語った。

高山一実×内村光良

©2024「トラペジウム」製作委員会

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル