top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

卵で作る「うにもどき丼」。和食料理人のレシピに「素人には思いつかない」「こういうの求めてた」

macaroni

和食料理人 野﨑洋光さん考案の「うにもどき丼」を再現

調理時間:10分

人気和食店の総料理長を永年努められていた野﨑洋光さんが、Instagramに「うにもどき丼」のレシピを投稿し、話題を集めています。

使われている食材が「卵黄」「たらこ」といった、比較的リーズナブルな食材であることも話題を呼ぶのに一役買っているようで、集まったいいねはなんと5万件超!

コメントには「絶対においしい」「天才的」の声

コメント欄には「なんておいしそう!」「普通にもどきではない料理として成立してるのでは?」「こういうのを求めてた」「素人には思いつかない」という声が多数寄せられています。

高級食材の代名詞とも言える「うに」はお店に並んでいてもなかなか手が出せませんが、卵とたらこなら気軽に試せそうです。気になる味を確かめるべく、さっそく再現してみました。

投稿はこちら | Instagram

材料(2人分)

広告の後にも続きます

・たらこ …  50g・卵黄 …  3個・三つ葉 …  5本・薄口しょうゆ …  小さじ1杯・温かいごはん …  適量・刻み海苔 …  適量・わさび …  適量

下ごしらえ

三つ葉は食べやすい大きさに切り、たらこは薄皮を取り除いてほぐしておきます。

作り方

卵黄と三つ葉を湯煎にかける

鍋に湯を沸かし、ボウルに卵黄と三つ葉、薄口しょうゆを入れて湯煎にかけて混ぜ合わせます。かき混ぜながらしばらくして卵黄が固まりかけたら火からおろします。

たらこを加える

ボウルにたらこを加えて混ぜ合わせます。

ごはんにのせる

丼に盛り付けたごはんに2をのせ、刻み海苔とわさびを添えれば完成です。

旨味たっぷりのたらことまろやかな卵のハーモニー

卵を湯煎にかけたらあとはたらこを混ぜるだけ!あっという間にうにもどき丼が完成しました。卵黄をまとったたらこはオレンジがかった美しい黄金色。粒感も相まって本当に「うに」に近い見た目になっています。

まずはひと口パクッ。固まる一歩手前の半熟状態の卵黄はねっとり濃厚、たらこをやさしく包み込むようにしっかり絡んでいます。卵のまろやかなコクとたらこのほどよい塩気は相性抜群。旨味のかたまりの中、ほんのり香る三つ葉の風味がさわやかさをプラスしています。

ふた口目は海苔とわさびもいっしょに食べてみます。磯の香りとツンとした刺激が心地よく、これはクセになりそう。なめらかな舌ざわりとのど越しも魅力で、どんどん食べ進められてしまいます。

本物のうにの味わいとは違いがありますが、卵とたらこという身近な食材の組み合わせでなんとも贅沢な食べ心地が楽しめるのはうれしいところです。

リーズナブルなのに贅沢気分が味わえる

野﨑洋光さん考案の「うにもどき丼」は、そろえやすい食材で贅沢気分が味わえるアイデアレシピ。調理時間わずか10分で、むずかしい工程がないのも魅力のひとつです。いつもとは目先を変えたどんぶりものが食べたくなったら、ぜひ一度お試しくださいね。
※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります。
野﨑洋光さんの連載記事はこちら▼

お肉は漬け込まない!これが新常識。基本の唐揚げレシピ「分とく山」野﨑洋光さんの料理メソッド

基本の豚の生姜焼きレシピ。「分とく山」野﨑洋光さんの料理メソッド

基本の里芋の煮物レシピ。「分とく山」野﨑洋光さんの料理メソッドvol.3

 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル