top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

捨てる前に待った!梱包材の再利用テクに「これからは保管する」「パンッて割ってた」

macaroni

捨てるのはもったいないかも?梱包材の再利用方法

荷物に入っている、空気の入った小分けの梱包材。そのまま捨てていませんか?梱包材は、ひと工夫で簡易ゴミ袋に再利用できますよ。

この方法がSNSで紹介されると「いつもパンッて割ってる」「今度から保管しておく」の声も……。本記事では、本当に便利なのかという点も踏まえて詳しい手順をご紹介します。

手順

梱包材をひとつずつ切り離します。あとはハサミで1辺をカットし、袋状にするだけ!

作業自体は簡単ですが、「いちいち切るのが面倒」という意見も。向き不向きがあるかもしれません。

広告の後にも続きます

たくさん作ってストックしておくと、いつでもサッと使えますよ。

ダイソーの収納ボックスに入れると取り出しやすい!

ダイソーの「Pull Out Box tall」に収納するとさらに便利。

このように束ねて入れてフタをすれば、

1枚ずつ簡単に取り出せます。

使い方

作った簡易ゴミ袋は、浴室のゴミ受けやキッチンの生ゴミを掃除するのにうってつけ。袋を手にはめてゴミを取ったら……。

口を縛って捨てるだけです。

プラスチック資源を可燃ゴミにすることに否定の声も

便利だと称賛される一方で、「プラスチック資源なので、燃えるゴミにするのはもったいない」「リサイクルできるのに」という否定の意見も。自治体のルールによってはプラスチックゴミを分別する場合もあるため、確認して自身の判断でおこなうようにしましょう。

素手で触りたくないものを掴むときにも便利

通常なら捨ててしまうであろう、梱包材や緩衝材。簡易ゴミ袋に再利用できるなんて「目からウロコ」と感じた人もいるのではないでしょうか。

小さめのサイズがちょっとしたゴミにジャストフィット。筆者は素手で触りたくないものを掴んだり、拾ったりするのにも便利だと感じました。
おすすめの記事はこちら▼

生ごみ用の袋はもう買わない!意外な代用品に「これはいい」「一石二鳥」 – macaroni

捨てるのは待って!『ニオイ封じパン袋』でおむつのニオイ問題を解決 – macaroni

輪ゴムもクリップもいらない!麦茶パックのスムーズな取り出し方に「これはいい」「画期的」 – macaroni

 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル