top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

河合優実「心臓がバクバクした」 主演映画『ナミビアの砂漠』、カンヌでの喝采に感無量!

クランクイン!

 河合優実が主演する山中瑶子監督の映画『ナミビアの砂漠』が、現在開催中の第77回カンヌ国際映画祭・監督週間に選出され、現地時間5月17日の公式上映後に、山中瑶子監督、河合、金子大地、寛一郎が登壇。エンドーロールから始まった鳴り止まない拍手に山中監督と河合が喜びのコメントを寄せた。

 わずか19歳という若さで撮影、初監督した『あみこ』(2017)がPFFアワードで観客賞を受賞、その後第68回ベルリン国際映画祭のフォーラム部門に史上最年少で招待されるなど、各国の映画祭で評判となり、坂本龍一もその才能に惚れ込むなど、その名を世に知らしめた山中瑶子。

 あれから7年、山中監督の本格的な長編第一作となる本作。主役に抜てきされたのは、河合優実。『あみこ』の公開当時学生だった彼女は『あみこ』を観て女優になりたいと思い、山中監督に「いつか出演したいです」と直接伝えに行った。そしてついに、その思いが叶えられた『ナミビアの砂漠』がカンヌで上映された。

 5月17日、監督週間部門のメイン会場である「シアタークロワゼット」にて、2回の公式上映舞台あいさつが行われた。

 17時30分からのワールドプレミア上映は800席が満席。上映前の舞台あいさつに登壇した河合は流暢な英語で「今日を楽しみにしていました。楽しんでください」とあいさつ。上映が始まると、ときおり笑い声も聞こえるなど非常に盛り上がった。

 エンドロールが始まると、その期待以上の出来栄えからか、大きな拍手が鳴り響いた。山中監督と河合、金子、寛一郎が立ち上がり、客席に手を振りお辞儀をすると、会場はさらにヒートアップ。2階席からも声援が飛ぶと、皆振り向いて手をふるなど、惜しみない拍手と喝采に笑顔で応えた。監督は「言葉にならない…」と感無量の様子、河合も「心臓がバクバクした。この歓声を聞くためにカンヌに来たんだな、と思った」と興奮冷めやらぬ様子でコメントした。

 河合演じるカナと徐々に関係を深めていくハヤシを演じた金子大地は「貴重な経験ができた。ヤバかった!」、カナの恋人・ホンダを演じた寛一郎も「笑い声が聞こえてきて、また上映後の反応もすごくよかったので一安心しました」と、それぞれ初カンヌでのプレミアに参加した喜びをコメント。上映後には、涙をぽろぽろ流しながら監督に感想を伝える若い女性の姿も。

 現地・フランスのリベラシオン(Liberation)紙は「間違いなく素晴らしい作品」と絶賛。また、「俳優たちの的確な演技に支えられた魅力的な作品」(Letterboxd ※フランスのレビューサイト)、「生々しくダイナミック。若き映画人にふさわしい作品」(FilmVerdict)など、続々と高評価なレビューがあがってきている。上映を観た別の映画祭関係者らにも非常に好評だった。

 映画『ナミビアの砂漠』は、本年公開予定。

 河合優実、金子大地、寛一郎のコメント全文は以下の通り。

<コメント全文>

■河合優実

 上映中はすごい皆さんの反応を観察するなどリラックスしていたのですが、終わった後から心臓がバクバクしはじめて、興奮していたんだと思います。すごくうれしかったです。いっぱい拍手をいただき、感想を直に伝えてくれたり、本当に来れてよかったなと思いました。やっぱりこのお客さんの感想や歓声を聞くためにカンヌに来たんだなと思いました。

■金子大地

 疲れました。笑 うれしかったです。反応もよくて、貴重な経験をさせていただきました。ずっとおどおどしてしまって、ヤバかったです(笑)。

■寛一郎

 素晴らしかったです。すごくいい上映だったと思います。一緒に見ていたのですが、ところどころぼくらの価値観とは違うところで笑っていたりとか、ここは絶対笑うよね、と思っていたところではみなさん笑ってくださっていたので、一安心しました。終わった後、すごくよかった、と皆さんに好評で、一安心です。
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル