top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

三島有紀子監督『一月の声に歓びを刻め』上映「ウディネ・ファーイースト映画祭」レポート(伊藤さとり)

cinefil

[イタリアの北東で歓びを刻む]

世界最大のアジア映画の祭典、ウディネ・ファーイースト映画祭。イタリアの北東部に位置する都市で毎年4月に開催されるこの映画祭は今年で26回目を迎える。今回は日本から10作品がコンペティションに選出され、中には三島有紀子監督のオリジナル脚本による『一月の声に歓びを刻め』(2024)が名を連ねていた。本映画祭の最高責任者であるアーティスティック・ディレクター、サブリナ・バラチェッティによると、今までは竹内英樹監督の『テルマエ・ロマエ』(2012)などのブロックバスター映画や沖田修一監督『モヒカン故郷に帰る』(2016)、上田慎一郎監督の『カメラを止めるな!』(2017)といったエッジの効いた作品を選んでいたが、今年はアート系作品も積極的に取り入れたとのこと。確かに佐藤嗣麻子監督の『陰陽師0』(2024)、吉田恵輔監督の『ミッシング』(2024)や白石和彌『碁盤斬り』(2024)などの大作と共に長尾元監督の『映画(窒息)』(2023)や三島作品が並んでいるのがその象徴と言えよう。

サブリナによる『一月の声に歓びを刻め』の評価は特別なものだった。「『Voice』(『一月の声に歓びを刻め』)は芸術性が高く、映画には三島監督の心の痛みが描かれていた。彼女の今までの実績から考えると難しい挑戦だったと思うのでとても感銘を受けた。三つのエピソードの中に、存在、痛み、罪悪感、性暴力の生涯にわたる影響についてのドラマチックで美しい瞑想画が紡がれている。長く魂に残る映画」そう語る彼女の言う通り、三島有紀子にとって2009年の『刺青 匂ひ月のごとく』でのデビュー以来、長編映画としては10作目に当たる本作は、自身が過去に経験した苦しい記憶でありつつも、私的なテーマの詩的な作品を映画として観客にアプローチする変換作業においては満を持しての作品となった。

三島有紀子監督

三島有紀子監督と映画祭の最高責任者であるサブリナ・バラチェッティさん

広告の後にも続きます

三島有紀子監督と映画祭の最高責任者であるサブリナ・バラチェッティさん

そして迎えたウディネ・ファーイースト映画祭での『一月の声に歓びを刻め』の上映回、1200席はあっと言う間に完売。サブリナによってステージに呼び込まれた三島有紀子監督は、4階席まで満席の劇場を見上げて胸に何度も手を当てて目に涙を浮かべながら「ボンジョルノ」と挨拶をすると観客へ今の思いを語り始めた。「6歳の時に受けた性暴力がこの映画の始まりでしたが、その経験が私を映画の道へと導いてくれました。フェデリコ・フェリーニ、フランソワ・トリュフォー、イ・チャンドン、黒澤明、そしてこの映画にも登場するナンニ・モレッティ・・・多くの監督が大きな力を与えてくれ、ここまで辿り着けたのです」

三島有紀子監督

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル