top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「大谷翔平は7億ドルのバーゲン品だ」NY紙の著名記者が絶賛「“冬のベストムーブ”は他に誰がいる?」2位に今永昇太、山本由伸は16位に

THE DIGEST

「大谷翔平は7億ドルのバーゲン品だ」NY紙の著名記者が絶賛「“冬のベストムーブ”は他に誰がいる?」2位に今永昇太、山本由伸は16位に(C)THE DIGEST
 ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平が“冬のベストムーブ”に選ばれた。米紙『New York Post』の著名記者、ジョン・ヘイマン氏が今シーズンの新戦力を対象にしたランキングを発表。1位に大谷を選び、2位にはシカゴ・カブスの今永昇太を選出した。
【動画】左翼ポール際に打ち込んだ大谷翔平の13号2ラン!

 大谷の選出については「他に誰がいる?」と記して、文句なしの1位だったことを強調。「賭博スキャンダルを乗り越え、打率、安打数、本塁打数、OPSでリーグトップ。7億ドル(契約当時約1015億円)はバーゲン品だった」と、もろ手を挙げて絶賛した。

 また、ヘイマン記者は2位に今永を選んだ。「同じく今季からMLBにやって来た山本由伸を凌駕している。今季の最高投手かもしれない」。カブスに新加入した今永は8回の先発で46回2/3を投げて5勝0敗。防御率は驚異の0.96を記録。その活躍は衝撃を持って伝えられている。
  3位にはフアン・ソト(ヤンキース)を選び、4位にタイラー・グラスノー(ドジャース)、5位にディラン・シーズ(パドレス)、6位にセス・ルーゴ(ロイヤルズ)、7位にジョーダン・ヒックス(ジャイアンツ)、8位にソニー・グレイ(カーディナルス)、9位にクリス・セール(ブレーブス)、10位にジュリクソン・プロファー(パドレス)を選出した。

 16位には山本を選出。しかし、「素晴らしい投手だが、3億2500万ドルの価値があるかどうか、まだ疑問だ」と記した。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「ただ打球音を聞くだけで大谷翔平のHRだってわかるよ」MLBトップ13号の衝撃弾に米記者たちが興奮「球界最高の打者がまた打った!」
【関連記事】「大谷翔平デーをホームランで祝った!」ロス市の”記念日制定”に粋な13号祝砲弾! 球団公式SNSも大興奮!
 
【関連記事】「なんて男だ!」「マジでモッてる」大谷翔平が“大谷翔平の日”に叩き込んだ豪快13号2ランに米ファン衝撃!「モンタスの天敵よ」
 
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル