top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

約30年ぶりに『ファーストキッチン』に訪問して「個性が無い」と思った自分の思考の浅はかさに情けなくなった話

ロケットニュース24

創業46年の中堅バーガーチェーンの『ファーストキッチン』。2015年にはアメリカのファーストフード店「ウェンディーズ」とのコラボ店舗『ウェンディーズ・ファーストキッチン』を展開しているらしい……。

「らしい……」というのも、実は私(耕平)の生活圏内の中には、このファーストキッチンが全く目にする事はない。思えば30年前以上前に私の地元に存在したが、無くなってからというものアラフィフになる歳まで、訪れる機会が全くなかった。

そんなわけで今回、30年以上も足を運んでいなかったファーストキッチンに訪問。他のバーガーチェーンとの差別化されるメニューを探したところ、自分の浅はかさに情けなくなってきた……。

・ほぼ「初めてのファーストキッチン」

前述した通り、私がファーストキッチンに最後に訪問したのは少年時代、つまり30年以上も前になる。当時、地元にあるJR船橋駅の南口の目の前に、店舗を構えていた。その場所も、今は複合施設になっている。

そしてなぜか私の通勤圏内や職場の周り、よく行く場所など全くと言っていいほど、ファーストキッチンを目にしないまま、気がついたら30年以上が経過していた。そんな折、私用でお隣の柏市に行った際、偶然にもファーストキッチンを発見! 

広告の後にも続きます

「今、ファーストキッチンはどうなっているのか?」 興味本位で入店することにした次第だ。

正直な話、個人的な主観になってしまうが、私の中で「ファーストキッチンといえば〇〇」というものが思い浮かばない。しかも、最後に入店したときから相当な年月が経過しているので、ほぼ「初めてのファーストキッチン」と言っても差し支えがないんじゃないか? と思っている。

メニューに目を通すと、「クラシックバーガー」や「パスタ」など、他のバーガーチェーンには置いていないようなメニューがある。

他にも「ディップポテト」という、ポテトにソースをつけて食べるタイプのメニューもあった。

さて……何を注文しようか? 完全ノープランでレジに並ぶ。

期間限定メニューもいいが、やはり30年以上ぶりということもあり、グランドメニューからファーストキッチンならではのメニューをチョイスすることにした。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル