top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

遠藤憲一、ラウール主演映画『赤羽骨子のボディガード』出演決定 出口夏希の父親役に

Real Sound

『赤羽骨子のボディガード』に出演する遠藤憲一 ©丹月正光/講談社 ©2024 映画「赤羽骨子のボディガード」製作委員会

 8月2日に全国公開されるSnow Manのラウール主演映画『赤羽骨子のボディガード』の追加キャストとして、遠藤憲一の出演が発表された。

参考:『さすらい温泉』は遠藤憲一の“究極の役者魂”を堪能できる!? テレ東モキュメンタリーの到達点に

 本作は、『週刊少年マガジン』で連載中の丹月正光による同名コミックを実写映画化する学園アクションコメディ。とある事情で命を狙われることになった赤羽骨子。大好きな彼女のために、ボディガードとなった威吹荒邦に与えられたミッションとは……。

 主人公の威吹荒邦役でSnow Manのラウールが主演を務めるほか、出口夏希、奥平大兼、髙橋ひかるらが出演。『ミックス』『変な家』などの石川淳一が監督を務める。

 遠藤が演じるのは、とある事情から100億円の懸賞金をかけられた赤羽骨子(出口夏希)の父親を名乗る、国家安全保障庁長官・尽宮正人。原作では尽宮組・ヤクザの組長を務める尽宮正人だが、本作では日本のCIAと言われる架空組織・国家安全保障庁長官という映画オリジナルの役柄に。

広告の後にも続きます

 骨子の母親は幼い頃に亡くなっており、正人も一人では育てられない事情などで、今の両親へ養子に出した過去がある。だが、娘のことを誰よりも溺愛しており、お遊戯会に運動会、入学式や卒業式もバレないように必ず参加。実の父親と正体を明かさず見守ってきたが、骨子に100億の懸賞金がかけられ、殺し屋から命が狙われていると知り、幼なじみの威吹荒邦(ラウール)へ骨子のボディガードを依頼する。国家安全保障長官としてスマートに仕事をこなす反面、骨子のことになると目がない正人のギャップにも注目だ。

 あわせて、黒いレザーのロングコートに身を包んだ尽宮正人のイメージビジュアルも公開。顔に大きな傷があり、国の長官とは疑わしい強面な容姿をしている。

 遠藤は正人役のオファーが来た時の気持ちを「原作のビジュアルと共にご連絡が来たのですが、自分に似ているなと思いました(笑)」とコメント。また「エネルギッシュかつ痛快な作品になっていると思うので、色々な世代に観ていただきたいです。ぜひ劇場に足を運んでください」とメッセージを寄せた。

【遠藤憲一(尽宮正人役)コメント】
●クランクアップを迎えて、今の率直な気持ち
原作を読んで、尽宮正人は強烈な見た目なので、正人になるべく近づけていきたいと思いました。
あまりそういう風に入る作品はないのですが、今回はビジュアルから入っていこうと思った作品なので自分にとっては珍しい作品になりましたね。

●尽宮正人という役が来た時、どのような気持ちだったか
原作のビジュアルと共にご連絡が来たのですが、自分に似ているなと思いました(笑)

●風貌以外で準備したこと
漫画を読んでいる時は感じなかったのですが、正人は結構喋っていて、作品全体の流れ説明も話している役なので、普段はアドリブとごちゃまぜでやることが多いのですが、今回は忠実に覚えて説明していくようにしたので、直球のお芝居をやりました。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル