top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

『アコライト』日本版声優に武内駿輔、M・A・O、日野由利加 吹替版本予告も公開

Real Sound

『アコライト』 (左から)武内駿輔、M・A・O、日野由利加 ©︎2024 Lucasfilm Ltd.

 ディズニープラスにて6月5日より日米同時配信される『スター・ウォーズ:アコライト』の日本版声優として武内駿輔、M・A・O、日野由利加の出演が発表され、あわせて日本語吹替版本予告が公開された。

参考:『スター・ウォーズ:アコライト』日本版声優に諏訪部順一×ファイルーズあい 吹替版特報も

 本作は、2024年に公開25周年を迎える『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』の約100年前、ダークサイドの影が忍び寄るジェダイの黄金期を舞台に、“闇に包まれた”秘密を描くアクションスリラー。映画『バチェロレッテ―あの子が結婚するなんて!―』で知られるレスリー・ヘッドランドが監督を務める。

 正義の守護者ジェダイが銀河に多く存在し、戦争もなく平和であった“光”の時代。ある日、ジェダイの1人が殺害される事件が発生。真相を追うために動きだしたジェダイ・マスターのソル(イ・ジョンジェ)は、かつて自分の弟子であった謎の主人公・メイと再会し、密かに動きだしていた“巨大な闇”に立ち向かうことに。日本語吹替版では、メイをファイルーズあい、ソルを諏訪部順一が演じる。

 映画『アナと雪の女王 2』オラフ役などで知られる武内が演じるのは、規則を重んじるがゆえに融通の効かない若きジェダイ、ヨード。ソル以外に対しては傲慢な態度を取るが、聡明かつ冷静で常に大人びているソルのパダワン、ジェキを、『転生したらスライムだった件』のシオン役などを担当したM・A・O が演じる。ヨードとジェキは、ソルとともにジェダイ殺害事件の真相を追うべく、調査に乗り出していく。

広告の後にも続きます

 武内は「今回の『スター・ウォーズ:アコライト』は、知られざるジェダイのストーリーということで、今までの『スター・ウォーズ』シリーズにはない、サスペンスやダークさ、そういったものを感じさせてくれるものだと思っています。より現実味を増した『スター・ウォーズ』の世界観の描かれ方にぜひご注目ください」とコメント。M・A・O は「世界中で愛されている『スター・ウォーズ』シリーズに参加させていただくことができ、とても光栄です。小さい頃からなれ親しんだ作品でもあったので、オーディションの結果を伺ったときは、本当に嬉しかったです!」と喜んだ。

 『タイタニック』(ソフト版)のローズ役など、海外作品の吹き替えでも知られる日野が演じるのは、強力な肉体と精神の持ち主であるジェダイ・マスターのインダーラ。日野は「正論にはめ込むのではなく、ズレを埋めて諭し導く。技術だけではなく関係性、生き方を伝授するマスター・インダーラ。表現する際には、母性や感情表現のバランスが難しいです」と明かした。

スター・ウォーズ:アコライト|日本語吹替版 本予告|Disney+ (ディズニープラス)
 あわせて公開された日本語吹替版の本予告には、武内、M・A・Oら声優陣の演技が収められている。

武内駿輔(ヨード・ファンダー役)コメント
本作への出演が決まった時の気持ちと『スター・ウォーズ』への想い
『スター・ウォーズ』作品は、いつでも自分に想像力の可能性を示してくれる作品です。銀河が持つロマン、新しい世界へのワクワク感、そういったものを感じさせてくれる魅力あるシリーズだと思っています。今回の『スター・ウォーズ:アコライト』は、知られざるジェダイのストーリーということで、今までの「スター・ウォーズ」シリーズにはない、サスペンスやダークさ、そういったものを感じさせてくれるものだと思っています。

演じるキャラクターについて
ザ・生真面目といった感じですが、どこか憎めない純真さを持った青年です。自分の生き方に誇りを持ち、大切にするところは僕自身見習いたいところです。

ファンへメッセージ
予告編がかなりワクワクする内容だと思いますが、本編はもっと色んなことが起こります!より現実味を増した『スター・ ウォーズ』の世界観の描かれ方にぜひご注目ください。 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル