top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

女装家心理カウンセラー・クノタチホが考える、ルッキズムとの向き合い方 「絶対的な答えがあるはずだと信じることをやめること」

Real Sound

 女装家心理カウンセラー・クノタチホが「ルッキズム」をテーマに著した小説『コンプルックス』(サンマーク出版)が話題を呼んでいる。

参考:累計370万部のベストセラー『コーヒーが冷めないうちに』なぜ海外展開に成功? 著者・川口俊和 & 編集・池田るり子インタビュー

 美容室「ナルシスの鏡」には、自身の容姿に絶望した人が覗き込むと、一瞬で誰もが振りむく姿になれる不思議な鏡があった。ただし、その姿はあくまでも仮想現実で、66日を過ぎてもなお仮想現実の中で生きることを決めると、元の世界でのその人物の存在は消えるといういわくつき。果たして、「ナルシスの鏡」を訪れた二人の女性は、美しさを手に入れて幸せを掴むことができるのかーー。

 逃れることのできない「美しさ」への葛藤を、心理カウンセラーならではの視点から描き出した物語には、きれいごとではない人生哲学が込められていると評判だ。著者のクノタチホに、改めてルッキズムとの向き合い方を聞いた。(編集部)

人が精神を病むいちばん大きな原因は?

広告の後にも続きます

ーー大事なのは外見の美しさか、それとも内面の美しさか? 永遠の命題を突きつけられて葛藤する女性たちを描いた小説『コンプルックス』。身につまされるところも多かったです。

クノタチホ:整形手術を否定する人たちは、一度はじめたら依存してしまうのではないか、行きつくところまで行ってしまうのではないかと懸念して、「大事なのは心であり内面の美しさなのだ」という結論に落ち着きがち。でも、それが強迫観念となってかえって生きづらさを招いているのではないか、というのが、長年心理カウンセラーとしてお話を聞いてきた実感なんです。目に見える外見の改善をはかっている方のほうが、メンタルヘルスが健康であるというケースはままあるんですよね。もちろん、外見を磨けばなにもかも解決するというわけではないですが、両派の隔たりをどうにかして埋められないかと思ったことが、小説を書くきっかけとなりました。

ーー物語のカギとなるのが、浅草の美容室にあると噂される「ナルシスの鏡」。選ばれた人だけが、自分が望むとおりの美しい姿となって、鏡の向こうの世界で生きていけるという。

クノタチホ:人は、記憶や体験を通じて得た情動を潜在的に蓄積していて、追体験するように似た体験を繰り返してしまう、と心理学では言われています。つまり、たとえ容姿がパーフェクトな状態に変わったとしても、内面の情動が変わらないのであれば、抱えている問題から逃げることはできないんですね。小説の表紙をめくったところに〈なぜ人は「美しさ」から逃げられないのか?〉という煽り文句を書いていただきましたが、それ以前に人は、「自分」から逃れることができないんです。外見の美醜ではなく、何層にも覆われた奥にある「本当の自分」に向き合うことが必要なのだ、ということを描くしかけとして「ナルシスの鏡」を設定しました。

ーーだからといって「外見にとらわれず内面の美しさを磨くべきだ」という結論に着地しないのが、この作品のおもしろいところですよね。

クノタチホ:それではあまりに薄っぺらいというか、けっきょく、なんの解決にもなりませんからね。人が精神を病むいちばん大きな原因は、答えを見つけたがること。たった一つの、絶対的な答えがこの世界にはあるはずだと信じることをやめることが、幸せになる第一歩だと思っているので、わかりやすい結論を用意しないというのは、最初から意識していました。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(読書)

ジャンル