top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「猫ふんじゃった!?」と慌てる飼い主 まさかの勘違いに爆笑

おたくま経済新聞

 猫を飼っていると、側にいることに気付かず手が当たってしまったり、足元にいることに気付かずに踏んでしまいそうになったりすることってありますよね。

 反対に、猫が一緒に寝てくれている、自分にくっ付いてくれていると思ったら枕やクッションだった……なんてことも。

【元の記事はこちら】

 猫まんが家でイラストレーターのたなかふじもとさん(以下、たなかさん)がSNSに投稿したのは、猫にまつわるそんなエピソード。

 猫飼いならではのできごとが共感を集め、5万近くの「いいね」がついています。

■ 「愛猫のしっぽを踏んでしまった!」

広告の後にも続きます

 「疲れているときは注意力が散漫になるので慌てた行動を控えましょう」という言葉とともに描かれているのは、疲れた様子のたなかさん。

 キッチンでコップに水を注ぎ、移動しようとしたその瞬間、「ムギュ」と嫌な感触……。「愛猫のしっぽを踏んでしまった!」と思った田中さんは、「やっちまった……」と慌てています。

 猫に向かって「ごめん!ごめん!大丈夫!?」と必死で謝るたなかさんですが、猫だと思ったものは、モフモフのスリッパ。まさに「慌てた行動」をしてしまい、意図せずスリッパに土下座で謝ってしまったたなかさんなのでした。

■ 「猫と思ったら○○だった」は猫飼いあるある?

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル