top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

任天堂、業績浮沈のカギ握る“IPの再利用” 2025年3月期に予測する利益減を補えるか

Real Sound

任天堂、業績浮沈のカギ握る“IPの再利用”

 任天堂は5月7日、2024年3月期の連結決算を公開した。

参考:【画像】ニンテンドーミュージアムのイメージ画像とロゴ

 発表によると、売上高が4.4%増の16,718億円、営業利益が4.9%増の5,289億円、経常利益が13.2%増の6,804億円と、主要な項目がすべてプラスで推移。純利益は過去最高を更新した2023年3月期をさらに上回り、13.4%増の4,906億円となった(増減はすべて前期比)。

 Nintendo Switchの台頭などから、ここ数年はこれまで以上に注目が集まりやすくなっている任天堂の決算報告。その概要、ともに公開された2025年3月期の業績予測などから、“逆転の突破口となり得る要素”の成功条件を考える。

■ハードウェア販売が失速するなか、なぜ任天堂は好業績に?

広告の後にも続きます

 根幹であるゲーム事業では、市場から期待されていたNintendo Switch後継機のローンチ時期が水面下で延期されたとのリークがあった任天堂。同機は今年3月でリリースから丸7年を迎え、ここ数年は市場に浸透しきったこと、話題性のある新規タイトルの発売が減っていることに起因すると見られる失速が浮き彫りとなりつつある。実際に2024年3月期では、Nintendo Switch(通常モデル)の販売台数が前期比マイナス37.1%の386万台となった。有機ELモデルは前期比プラス1.1%(932万台)と健闘しているが、ハードウェア全体では、前期比マイナス12.6%と顕著な減少を見せている。このような背景もあり、2024年3月期の連結決算と同時に公開された今期(2025年3月期)の予測では、連結純利益が前期比39%減の3,000億円になる見通しであることも明らかとなった。

 こうした下降線のなかにある1年であったにもかかわらず、なぜ任天堂は2024年3月期の決算を好調に推移させることができたのか。そこには一部のキラーコンテンツのヒットが影響している。

 同社は2023年5月に人気タイトル『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(以下、『ゼルダの伝説 BotW』)の続編となる新作『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ キングダム』をリリースしている。今回発表された決算資料によると、同タイトルは2024年3月末時点で2,061万本を売り上げているという。前作の累計本数の約3分の2を1年足らずで販売したことがソフトウェア領域での実績を大きく押し上げた。

 他方、ゲーム事業以外の分野では、2023年4月に公開された映画『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』が躍進。報告によると、関連売上がモバイル・IP関連収入の伸長に寄与し、売上高で前期比81.6%増の927億円をマークしたという。全世界における同作の興行収入は13.6億ドル(現在のレートで2,100億円超)を記録している。これはアニメ映画作品の興行収入ランキングで『アナと雪の女王2』が持つ14億5,368万ドルに肉薄する、歴代2位の数字となっている。

 このように、任天堂が誇る2つの看板シリーズからジャンルをまたいだヒット作品が生まれたことで、ハードウェア販売の失速に起因するマイナス分が補填された。また、海外市場において円安の為替相場から好影響を受けたこと(615億円の為替差益は、前期比プラス218億円。売上高・16,718億円のうち、海外は13,092億円。比率にして78.3%に上る)、ゲーム事業に関連するデジタル売上が伸びたこと(ダウンロードソフトや追加コンテンツの販売。前期比9.4%増の4,433億円)も過去最高の純利益を上げる一助となった。

■2025年3月期は純利益が大幅減の予測も、期待される「ニンテンドーミュージアムの成功」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル