top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ブルーインパルス“司令塔”1番機パイロットの使命、基地上空訓練でわかったこと【ブルー密着 前編】

FlyTeam

航空祭や日本各地の地域イベントなどで展示飛行を披露する、航空自衛隊のアクロバット専門チーム「ブルーインパルス」。全国各地を休みなく飛び回るブルーインパルスですが、普段は宮城県東松島市に所在する松島基地を拠点に生活しています。

ブルーインパルスのパイロットは普段どんな訓練をしているのでしょうか?ブルーインパルスファンを公言する編集部員が松島基地を訪問し取材してきました。今回は1番機パイロットに注目し、“司令塔”としてブルーインパルスにかける思いを前半・後半にわけてお伝えします。

“Home of The Blue Impulse”第11飛行隊舎と格納庫の内部とは

航空自衛隊松島基地は、宮城県東松島市のJR仙石線矢本駅から徒歩で30分(タクシーで5分)ほどに位置しています。取材に向かうため矢本駅ホームに降り立つと、駅名標が「ブルーインパルス」で驚きました。ここが“ブルーインパルスの街”であることを象徴しています。

© FlyTeam ニュース
JR仙石線矢本駅ホームの駅名票はブルーインパルス!
© FlyTeam ニュース
JR矢本駅を降りるとブルーインパルスデザインの歓迎幕が

松島基地正門に到着すると、現ブルーインパルスの飛行班長「BENGAL」こと川島良介3佐が出迎えてくれました。BENGALというのは「TACネーム」と呼ばれる、ブルーインパルスや戦闘機のパイロットが互いを呼び合うニックネームです。現場の雰囲気を伝えるために、本稿ではTACネームを含めて隊員を紹介していきます。

© FlyTeam ニュース
航空自衛隊松島基地正門
© FlyTeam ニュース
正門からはブルーインパルスの格納庫が見えます
© FlyTeam ニュース
「BENGAL」こと1番機の飛行班長・川島良介3佐が出迎えてくれました。胸にはブルーインパルスのワッペンが
© FlyTeam ニュース
正門を入ってすぐにF-86F戦闘機がお出迎え。F-86Fはブルーインパルス初代使用機種です
© FlyTeam ニュース
F-104J戦闘機。はしごを上がってコックピットを覗けます
© FlyTeam ニュース
こちらは国産の超音速練習機であるT-2練習機。2代目ブルーインパルス使用機種です

「先週は満開だったんですけどね……」
まだ少し残る基地内の桜や、東日本大震災で津波の被害にあい、あえてそのままの姿を保存しているという「ベンチ」のお話を聞きながら、ブルーインパルス隊員が勤務している隊舎に向かいます。これからいよいよ、隊舎と格納庫内部を見学し、基地上空展示飛行訓練に向けたブリーフィングを取材します。

© FlyTeam ニュース
展示機の横には2011年の東日本大震災時に津波の被害をうけたベンチがそのままの姿で展示されていました。ここが被災地であったことを実感します
© FlyTeam ニュース
東日本大震災で唯一被災したブルーインパルス2番機の垂直尾翼がモニュメントとして隊舎前に置かれていました。他の機体は芦屋基地に展開していて被害を免れたそうです
© FlyTeam ニュース
「第11飛行隊」の表札があるブルーインパルス隊舎
© FlyTeam ニュース
ブルーインパルス2024年ツアーを支える隊員の顔写真が飾られています。パイロットだけでなく“ドルフィンキーパー”と呼ばれる整備員も含めて「ブルーインパルス」なのです

広告の後にも続きます

午前10時30分。この日2回目(2nd)の展示飛行訓練前のブリーフィングが開始。訓練は、第3、4区分の展示飛行課目を4機で実施します。「区分」というのは、ブルーインパルスが航空祭などで行う展示飛行のパターンです。その日の天候(雲の高さなど)によって実施する区分を決定します。

区分を簡単に説明すると、第1、2区分は雲の高さが十分にある場合で、垂直系(縦に機動する)の課目をメインにすべての課目を実施します。第3、4区分は雲の高さが低い場合で、水平系(横に機動する)課目がメイン。さらに天気が悪いと、航過飛行のみの第5区分となります。

話を戻して、今回は第3、4区分の訓練です。通常は天候によって区分が決定しますが、訓練では雲の高さは関係ありません。次期飛行隊長で1番機の“EDGE”江尻卓2佐は、この日が初めての第3、4区分TR訓練(Training Readiness)だそう。

ブルーインパルスで運用するT-4練習機は、前後2人乗りの複座仕様です。前席の“EDGE”江尻2佐を後席の“BENGAL”川島3佐が指導役となりサポートします。TR訓練をクリアして初めて、編隊長として航空祭で飛行できるようになるのだそうです。

© FlyTeam ニュース
左から1番機“EDGE”江尻2佐、同じく1番機で指導係の“BENGAL”川島3佐。そして地上でサポートするDO(飛行指揮所幹部)の“IKKI”手島孝1尉。手島1尉はブルーインパルスとしてのラストフライトを2024年4月22日に終えたとのことです

ブリーフィングは、DO(飛行指揮所幹部)の“IKKI”手島孝1尉が気象情報などを通達してスタート。飛行班長の1番機“BENGAL”川島3佐を中心に、訓練で実施する課目やその入れ替え、ポジション、注意点などの認識あわせが行われていました。ブリーフィング開始と同時にピリリとした空気になり、全員が真剣そのものの表情です。

© FlyTeam ニュース
左から、6番機“FALCON”加藤拓也1尉、5番機“ZEEK”藤井正和3佐、3番機“CORK”藏元文弥1尉。訓練前のブリーフィングは真剣そのものです
© FlyTeam ニュース
ブリーフィングの“締め”はスモークのタイミングをあわせ

ちなみに、ブルーインパルスの訓練は通常1日3回(8時/10時30分/13時30分)行います。基地上空訓練の場合、基地周辺からでも展示飛行の様子がはっきり見えます。ただ、日によっては基地上空ではなく洋上訓練やその他で、飛行する様子が見えないこともあります。基地上空訓練のスケジュールは松島基地ホームページに掲載されているので参考にするとよいかもしれません。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル