top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

今田美桜“舞”、酔った菊地凛子“昇仙峡”を介抱…過去の恋人の話を聞く<花咲舞が黙ってない>

WEBザテレビジョン

今田美桜主演のドラマ「花咲舞が黙ってない」(毎週土曜夜9:00-9:54、日本テレビ系/Huluにて配信)の第6話が、5月18日(土)に放送される。

■「花咲舞が黙ってない」を新キャストで放送

本作は、銀行を舞台に不正を絶対に見て見ぬふりできない花咲舞が、弱い立場の人たちのために立ち上がる姿が痛快なエンターテインメント作品で、2014年、2015年に杏主演で放送して大ヒット。前回のドラマ放送後に出版された新作小説『花咲舞が黙ってない』(池井戸潤・著)を原作にした新たな物語を、主人公・花咲舞役に今田、舞のバディ・相馬健役に山本耕史という新たなキャストで放送する。

5月11日に放送された第5話では、舞たちが働く東京第一銀行が別の銀行と合併することが発表され、相手先の産業中央銀行の行員として、池井戸潤が生んだ名物キャラクター・半沢直樹が登場。合併後の主導権争いを有利に進めるために半沢直樹(劇団ひとり)が暗躍し、それに翻弄される舞や昇仙峡玲子(菊地凛子)らの姿が描かれた。

■「花咲舞が黙ってない」第6話あらすじ

第6話は――

神保町支店での臨店を終えた舞と相馬は、舞の叔父・花咲健(上川隆也)とともに健の馴染みの寿司屋へ。そこで常連客の谷原道代(宮崎美子)から、5年前に亡くなった娘・谷原奈保子(堀田茜)の銀行口座内で娘の死後、何千万円ものお金が動いていたと相談を受ける。口座は解約済みで、今後利用されることはなさそうだが、道代の「いいことでも悪いことでも、娘の生きた証として何が起きていたのかを知りたい」という言葉に共感した舞は、口座の謎を調べることに。

奈保子の口座は産業中央銀行のものだったため、銀行側からは調査できない。そこで舞たちは、奈保子が亡くなる直前まで働いていた、ヘブン製薬を調査する。そこは、もやもや病という脳の病気の新薬を開発する会社だったが、5年前に出資会社に裏切られ、新薬の開発を成し遂げられないまま倒産。社長で研究者の平岡秀紀(田村健太郎)は行方がわからないという。

その後、舞たちは「ブレインリーチ」というベンチャー企業が、似たような薬を開発中との情報を掴む。会社の設立時期は、ヘブン製薬が倒産した数か月後。奈保子の口座からお金が引き出された直後の事だった。しかし関係者の中に平岡の名前はない。そこで、舞と相馬は代表者の香坂遼(猪塚健太)に話を聞きに行く。香坂は、明らかに何か隠すような態度で「お答えできることは何もありません」と口をつぐんだが、舞たちが立ち去ると、「銀行の奴らがヘブン製薬のことを嗅ぎ回っている」と電話をかけ始める。その相手は、舞たちが探していた平岡だった。

その日の夜。舞は自宅近くの路上で、千鳥足で歩いている昇仙峡玲子と出会い、介抱することに。そこで昇仙峡は舞に亡くなった恋人のことを語る。形見の腕時計を見つめながら、川野(平原テツ)は銀行の先輩で…と思い出を語る昇仙峡の姿に舞は…。

――という物語が描かれる。

■酔った昇仙峡の姿に驚く舞

公式ホームページなどで見ることができる第6話の予告動画では、舞が酔った昇仙峡と遭遇。普段のエリートで凛とした姿との違いに、「キャラ違い過ぎるんですけど」と舞は驚きながらも“花さき”に連れていく。そこで、昇仙峡は「川野は死んじゃったから。銀行を変えなきゃって。正義感が強いっていうか」と舞の前で過去を語る。

視聴者からは「これは転機になりそう」「酔っぱらいの昇仙峡さんかわいすぎる」「この2人が最強コンビになるのか?」などの声があがっている。


 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル