top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「ドジャースで現役を続ける限りは…」なんとロサンゼルス市が5月17日を“大谷翔平の日”に公式制定! 大谷本人が市庁舎を訪れて感謝の意

THE DIGEST

「ドジャースで現役を続ける限りは…」なんとロサンゼルス市が5月17日を“大谷翔平の日”に公式制定! 大谷本人が市庁舎を訪れて感謝の意(C)THE DIGEST
 現地5月17日、米カリフォルニア州ロサンゼルス市が5月17日を「大谷翔平の日」に定めると発表した。MLB公式サイトやロサンゼルス・ドジャースの公式SNSなどが大々的に伝えている。
【PHOTO】大谷翔平の妻、田中真美子が輝いた“現役バスケ選手時代”を厳選フォトで一挙紹介! 貴重なショートカット時代も

 本拠地で行なわれるシンシナティ・レッズとの一戦を前に、大谷はドジャースのフロント陣やデイブ・ロバーツ監督らとロサンゼルス市庁舎を訪問した。大谷は議会から額縁に入った証明書を受け取り、「ロサンゼルス議会とドジャース、そしてファンの皆さんに感謝します」とコメント。MLB公式サイトは「オオタニの選手としての功績を称え、ロサンゼルス市への歴史的な影響も評価された結果だ。背番号17にちなんで制定され、彼がドジャースで現役を続けるかぎり、5月17日はショウヘイ・オオタニの日だ」と伝えている。

 前日のレッズ戦は試合こそ2対7で敗れたが、自身の首振り人形が先着4万人に贈呈される「ボブルヘッドデー」で、試合開始2時間前から長蛇の列ができた。観客5万3527人は今季MLBでトップの数字と、絶大な人気ぶりが窺える。
  6年間在籍したロサンゼルス・エンゼルス時代には2021年と23年にアメリカン・リーグのMVPに輝いた。まさに「LAの顔」となった二刀流スターは昨年12月にFAでドジャースへの移籍を果たし、10年7億ドル(約1085億円)で契約。今季ここまで打率.360、12本塁打、30打点、11盗塁、OPS1.099と、圧倒的なスタッツを叩き出してチームを牽引している。

構成●THE DIGEST編集部

【画像】5月17日が「大谷翔平の日」に! ロサンゼルス市議会訪問で記念の額縁を受け取るなど、スーツ姿の大谷を捉えたショット集をチェック!

【記事】「ひときわ背が高い!」大谷翔平の妻・真美子さんがドジャース“奥さま会”の集合写真で示した存在感にネット反応!「おくゆかしい」「品のある笑顔」

 
【画像】大谷翔平&真美子夫妻の“仲睦まじいツーショット”写真を厳選してお届け!
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル