top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

あなたの食生活は大丈夫?食事の偏りによって引き起こされる体調不良と摂取したい栄養素とは

マガジンサミット

日々忙しく生きる人々にとって、コンビニやデリバリー、外食などの食事は便利で手軽な手段の一つです。しかし、食事の選択肢が多様になったことが⾷べ過ぎや好き嫌いなど、逆に栄養を偏らせてしまう原因ともなります。

現在、厚生労働省でも⼼⾝の健康を⽀えるための⾷⽣活を促進する「⾷育⽉間」を毎年6月に設けるなど、健全な⾷⽣活の実現に向けた取り組みを国をあげて⾏っています。

そこで今回は、静岡県⽴総合病院リサーチサポートセンター臨床研究部⻑の⽥中清先⽣に、栄養の偏りによって起こる症状や普段の⾷事で気を付けるべきことを教えていただきました。

⾷⽣活の偏りによる低栄養素が引き起こす体の不調

体内の栄養が不⾜し、⾝体機能の維持に必要な栄養が⾜りない状態を「低栄養素」と言います。食事量の低下だけでなく偏った食生活でもなってしまう低栄養素ですが、これにより引き起こされる症状を⽥中先⽣に教えていただきました。

・集中⼒の低下

広告の後にも続きます

栄養不⾜の代表的な症状である集中⼒・思考⼒の低下。主な原因は炭⽔化物不⾜です。また、炭⽔化物をブドウ糖に変換する栄養素、ビタミン B 群の不⾜も脳の働きを低下させる原因です。

・体⼒の低下

⾷事量が減ったり偏ったりすると、必要な栄養素が摂取できないため体⼒が低下し、活動的な状態を維持できなくなります。体を動かすことがしんどくなり、体型の崩れや肥満といった悪影響が出てくる可能性もあります。

・免疫⼒の低下

「免疫⼒」とは⼈間の体に備わっている防御能⼒のことで、細菌やウイルスといった病原体の体内侵⼊を防ぐことができます。免疫⼒を損なわないためには運動や睡眠などのさまざまな要素が必要ですが、なかでも重要なのが⾷事です。たんぱく質不⾜やビタミン不⾜は、免疫⼒の低下を促します。

いま注目されている栄養素「ビタミン B1」

昨今世界で摂取不⾜が注⽬されている栄養素が「ビタミン B1」です。この栄養素は“疲労回復ビタミン”とも呼ばれ、⽣活するうえで重要な栄養素です。今回は「ビタミン B1」の効果や不⾜の原因、効率的な摂取⽅法を⽥中先⽣に教えていただきました。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル