top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ごく普通の会社員男性が億り人一歩手前に!?蕪うまいさんのリスク分散型投資手法とは

マガジンサミット

投資家の先輩へのインタビュー、今回は「蕪うまい」さんにお聞きしたいと思います!

現在の資産は「億り人に満たないくらい」という事ですが、どのように資産形成されてきたのか、詳しくお聞きしたいと思います。

━ 蕪うまいさん(以下蕪うまい)が投資を始めたきっかけと、初めて投資を行った銘柄について教えてください。

蕪うまい:最初に入った会社で従業員持株会(従業員持株会:従業員が自社株の取得にあたり、会社が自動的に給与から拠出金を控除したり、奨励金を支給したりして、従業員の自社株取得をしやすくする制度。定期的に自動で購入される)があったので入社後すぐに投資開始、といった形です。なので初めて買った銘柄も、当時の自社株という事になります。

入社後数年目、タイミング的にはサブプライムショック(アメリカで起きた世界的金融危機「リーマンショック」の引き金になった金融危機)の起きる直前くらいで、当時持っていた自社株の大半を売却しました。

ー売却したのは、何か明確な理由があったのですか?

蕪うまい:それまでにもちょこちょこと、生活費に充てる分を少額だけ売却する事はあったのですが、全て売却した理由としては、資産が自社株に偏り過ぎてしまうからです。これが少額であればさほど問題にはならないのですが、資産額が増えてだんだん扱う金額が大きくなってくると、自分の資産が100%自社の株価に左右されるものになってしまうので、そこに危なさを感じたからです。

広告の後にも続きます

売却益は300万ほどになりましたが、直後のサブプライムショックの際にFXで吹っ飛んでしまいました。

ーなんと……!調べたところ、サブプライムショックのあった2007年8月は、一週間でドル円は約10円、ポンド円はなんと20円も下落したというので、恐ろしい為替相場ですね。その後、蕪うまいさんの投資スタイルは変化されたのでしょうか?

蕪うまい:はい。FXの失敗経験から、信用取引(FXなどでよく使われる取引手法。証券会社からお金、または債権を借りて取引をすること。手持ち資金以上の取引ができる)は合わないなと感じたので、それ以降信用取引には手を出さなくなりました。

その後、国内の個別株で、単純に株主優待が気になる銘柄を買っていました。しかし、自力で会社の成長指標を読み切れたわけでもなく、更に当時は今のように配当金をしっかりと乗せてくれる企業も少なかったのもあり、運用成績は決して良いものではなかったです……

ー失敗も多く経験されたんですね……。そこから、現在に至るまでどのように資産形成されたのでしょうか。

蕪うまい:まず、決算報告書と、それに付随する決算資料から情報収集をしました。

決算報告書のPBR(株価純資産倍率)は1倍以下の割安なものを、PER(株価収益率)は10倍までの同じく割安なもの、自己資本比率は50%以上で、というのを基本方針としています。

※一般的に、

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル