top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「ペット投票」に反応しないで LINE公式がアカウント乗っ取りの注意喚起

おたくま経済新聞

 SNSのダイレクトメッセージ(DM)に送られてくる「可愛いと思うペットに投票してください」というメッセージ。メッセージ内のリンクを踏むとフィッシングサイトへと誘導され、ついにはLINEアカウントが乗っ取られた……こんな被害が発生しているそうです。

 LINE公式Xアカウントが5月17日に注意を呼び掛けています。

【元の記事はこちら】

 今回のケースでは、偽のペット投票サイトに誘導されるようです。そして指定されたペットに投票しようとすると、「投票のために必要」と偽のLINEログイン画面が現れます。そこで登録情報を入力してしまうと、アカウントを乗っ取られてしまう、という手口です。

 調べてみたところ、こうしたメッセージは5月初旬ごろから多く見られるようになり、FacebookやInstagramのDM、またはLINEで送られてくるパターンが多い様子。

広告の後にも続きます

 メッセージの送り主は、すでに乗っ取られてしまった知り合いのアカウントだったというケースもあり、数年来の友人から久しぶりに連絡が来たと思ったら突然投票を呼び掛けられた……といった報告もあがっています。

 乗っ取ったアカウントのフレンド宛てにフィッシングDMを送りつけるという手口は、実は今から3~4年前にもFacebookで大流行しました。その際は、今ほどまだネット詐欺が周知されている時期ではなかったため、知人からのDMということもあり、つい信じてしまう人が多かったようです。ともない、被害も拡大。

 一方、知人とはいえ警戒心の強い方は、DMに直接反応するのではなくLINEや別の方法で連絡をとって本人が送ったものかを確認して難を逃れた、という話も当時耳にしました。知らない人からのDMはもちろんのこと、知人間のDMであっても、不審な内容に記されたリンクは迂闊に踏まないよう注意しましょう。

 なお、万が一フィッシングサイトでログインしてしまった場合は、速やかにLINEのパスワード、他社サービスのパスワードも変更して、LINEに報告を行うようLINEはサポートページを通じて案内しています。

<参考・引用>
LINE公式Xアカウント(@LINEjp_official
LINEサポートページ「【重要】LINEアカウントの乗っ取りにご注意ください
※掲載画像はLINE公式Xアカウントのスクリーンショットです。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル