top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

大谷翔平 長者番付13位!年俸入らずとも収入は莫大、“野球界の星”に

SmartFLASH

 

 米経済誌フォーブス(電子版)は5月17日、世界のアスリートの長者番付を発表し、1位はサッカーのクリスティアーノ・ロナウドで2億6000万ドル(約403億円)。2位はゴルフのジョン・ラームで2億1800万ドル(約338億円)、3位はサッカーのリオネル・メッシ(約209億円)だった。

 

 大谷翔平は8530万ドル(約132億2000万円)で13位に入った。発表された上位50選手ではメジャーリーガーのトップで、日本人では唯一のランクインとなった。

 

広告の後にも続きます

 

 金額は選手としての年俸等、賞金やスポンサー収入で算出されていて、大谷はグランド内で2530万ドル(約392億円)、グラウンド外で6000万ドル(約930億円)を稼いだという。

 

「大谷は昨年12月にドジャースとプロスポーツ界最大の10年総額7億万ドル(約1015億円)の契約を結んでいますが、変則の払いになっています。今季の年俸は200万ドル(約2億9000万円)で、総額の97%が契約終了後の2034年から2043年の間に分割で後払いされる契約なんです。なので、本来もらうべき年俸が入っていなくても132億円強を稼ぐ。

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル