top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

アニャ・テイラー=ジョイ「素晴らしい経験だった」 カンヌでの『マッドマックス:フュリオサ』プレミア、盛り上がりもMAX!

クランクイン!

 映画『マッドマックス:フュリオサ』が、第77回カンヌ国際映画祭のアウト・オブ・コンペティション部門にて5月15日(現地時間)に上映された。プレミアには、主演のアニャ・テイラー=ジョイ、クリス・ヘムズワースとともに、ジョージ・ミラー監督がプレミアに登壇し、世界に向けて作品の魅力を語った。

 前作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』も、2015年にアウト・オブ・コンペティション部門に出品されており、『マッドマックス』サーガとしては実に9年ぶりのカンヌへの凱旋となった。前回はミラー監督とともに、主演のトム・ハーディやフュリオサ役シャーリーズ・セロンらが登壇したが、今回は若きフュリオサを演じたアニャ・テイラー=ジョイ、宿敵ディメンタス役のクリス・ヘムズワース、フュリオサのメンターとなる警護隊長ジャックを演じたトム・バーク、フュリオサの少女時代を演じたアリーラ・ブラウン、クリスの妻であり本作にも出演するエルサ・パタキーが、ミラー監督とともにレッドカーペットに華やかに登場。会場の歓声はまさにMAXとなった。

 そして、本編の上映が終了すると、なんと約7分間ものスタンディングオベーション。会場は割れんばかりの拍手で包まれ、アニャは満面の笑みを浮かべながらミラー監督を称え、クリスも監督の肩を抱き寄せ、カンヌ映画祭での大絶賛をチーム全員で称え合う感動的な一幕を見せた。

 翌日行われた記者会見には、アニャ、クリス、トム、プロデューサーのダグ・ミッチェル、ミラー監督が参加。会場は満員で本作への注目度の高さが伺えるとともに、前日のワールドプレミア上映の興奮をひきずるような雰囲気の中、会見が実施された。

 ワールドプレミア上映についてアニャは、「観客と一緒に観るのは本当に素晴らしい経験だった。私たちはカメラの後ろのトリックを知りすぎているけれど、映画のペースや、サウンドデザインや、すべての要素が素晴らしいと思えた。それはまたジョージの素晴らしさでもある。スタッフのなかにはすでに引退していたけれどジョージのために戻ってきた人もいた。本当に誇りに思えた」と喜びのコメント。

 クリスは「自分にとっては初めてのカンヌで、素晴らしい体験ができたよ。オーストラリア人として『マッドマックス』シリーズは特別だ。自分の子供時代を思い出すようなノスタルジーがあった。ここに連れてきてくれてありがとうとジョージに言いたい」と特別な想いを明かし、トムは「昨夜の経験は本当に素晴らしかった。震えた。電気が走ったね」と感動を表現した。

 プロデューサーのダグは、「何年もジョージと本作のためにやってきたけれど、誇りに思う。ジョージとは43年前から一緒に仕事しているが、300人のクルーがいたけれど、ジョージがもっとも仕事をしていて、みんなジョージを慕っていた。本作は規模も大きく、とてもハードで、8ヵ月みんな働きっぱなし。本当にマッシブな映画。ワーナーはリスクをおかしてくれた。だからみんなにありがとうと言いたい」と舞台裏を明かすとともにスタッフへの感謝を述べた。

 長年人気を保てた理由を問われたミラー監督は、「わからないけど、運が良かったことはたしかだ。ストーリーのアレゴリーの面もあったかも。フランスでは1作目の『マッドマックス』について、車輪のついた西部劇と評された。日本ではマッドマックスは侍だと言われた。黒澤明の映画のように、彼らの伝統にフィットしたんだろう。素晴らしいよ」と分析した。

 本作では凄まじいカーアクションやバイクアクションを披露しているアニャは、アクションシーンの撮影について、「スタント・チームは素晴らしかった。できるだけ自分でやるようにしたけれど、いつもサポートしてくれて。その一方で、決してこれをやらなければならない、といった圧力は感じなかった。みんな私を信じてくれて、はげましてくれて、本当にすばらしいチームだった」と明かした。

 「マイティ・ソー」シリーズのソー役としても知られるクリスが悪役を演じることでも注目を浴びる本作。クリスは自身が演じたディメンタス将軍について、「このキャラクターの興味深い点は多くの面があること。雄々しい一方で、ジョージとも話して、大事なのはヒューマニティでもある、彼の脆い面も必要と。彼は過去に非常に苦しんでいて、それが弁解になるわけじゃないけれど、生き残るためにああなった。それを理解するのは大事だった。彼はとても大きなエゴに満ちた人間。他の『マッドマックス』の脚本とも異なり、彼の人間性が伝わることを願った。暴力的でもね。予想不可能なキャラだけど。作り上げる上で多くの自由があって、創造性があって、とても素晴らしい経験だった。ジョージに感謝しているよ」と明かすとともにミラー監督への感謝を述べた。

 時代ともに変化するアクション映画のイメージについて、「映画の言語は100年以上になるけれど、最初からすべてアクションムービーとも言える。映画とはアクション。自分にとってだからピュアな映画というのはヴィジュアル的なものだ。映画ではなんでもできる。映画しか経験できないことがある」と自身の考えを語ったミラー監督。

 続けて自身の映画作りへの考え方として、「自分にとって大事なことは2つ。1つ目はいつも同じことを繰り返していたら、自分自身興味はなくなる。2つめは、自分自身『マッドマックス』がこんなに続くとは思っていなかった。自分自身クレイジーと思っている。でも気づいたのは、自分はつねに学びたいと思っているし、ストーリーを語る最良の方法を見つけたいと思っている。それが原動力になっている。毎回異なるストーリーで、それがこのサーガを特別なものにしていると思っている」と想いを明かす。

 衣装・ロケーションについては、「ストーリーを語る上で役立つものにならなければならない。コスチュームはゆえにキャラクターの延長のようなもの。スタイルや審美性、すべてに強いコネクションがある。もちろん、メークもロケーションも同様。そこにロジックがあるようにみんなで話し合った」と語った。

 アニャもミラー監督と同じ考えをもっているようで、「アクションシーンもすべてキャラクターの延長にある。彼らが何を望んでいるのか、何によって動かされるのかとか。そういう面がストーリーに深みを与えると思う。すべてが一緒になって層をもたらすの」とつけ加えた。

 今後の映画制作に対しミラー監督は、「自分が好奇心を忘れないことが大事。同じストーリーを何度も語ることに自分自身興味がない。自分は映画界でずっと働けてラッキーだから、それが続けられるように面白いことをやっていきたい」と意欲的な姿勢を見せる。

 それを受けてプロデューサーのダグは、「偉大な映画は、観客の見方に影響を与える。モバイルの時代でも、ジョージの場合は、ロックンロールな価値がある。音響面でも特別だ。本作は、大きな映画館で観る特別な映画だ」と語り、そしてアニャもまた「インテレクチュアルで哲学的なロックンロール・オペラよね」と本作への自信をのぞかせた。

 すでにオーストラリアプレミア上映で絶賛の声が相次いでいた本作。今回のワールドプレミア上映でも、メディアから絶賛の声が相次いでいる。

 「『怒りのデス・ロード』につながる物語は感情的で機知に富み、意図的な野蛮さに満ちている」(INDEPENDENT)

 「これまでに作られた最高の前日譚の1つであり、大胆な傑作」(DiscussingFilm)

 「一流の世界構築、感情的に共鳴する監督の目、焼けつくようなパフォーマンス、シャープな映画撮影、そして地獄のようなスコアを織り交ぜた本作は、信じられないほどのアクションシーンと、人生と愛について注目に値するヒーローの旅」(IGN)

 「『怒りのデス・ロード』に続きまたしても驚くべきスタントと視覚効果の水準が維持されている。見ているものが何なのか、どうしてそんなことが可能なのか、目が理解しきれないことも多いだろう」(Empire Magazine)

 「特にテイラー=ジョイは驚異的だ」(Empire Magazine)

 映画『マッドマックス:フュリオサ』は、5月31日より全国公開。
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル