top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

『SCRAPPER/スクラッパー』作家・ブレイディみかこ絶賛「この映画は何かに中指を立てている」場面写真一挙解禁

クランクイン!

 映画『SCRAPPER/スクラッパー』より、ジョージーのまばゆい日々をとらえた場面写真と、作家・ブレイディみかこの絶賛コメントが到着した。

 本作は、母を亡くし、1人で生きる12歳の少女のもとに音信不通だった父親が突如現れたことから始まる、ぎこちなくて愛おしい共同生活を描く。

 カラフルなビジュアルセンスと優しくもエモーショナルな親子のドラマが評判を呼び、サンダンス映画祭2023ワールドシネマドラマ部門にて審査員大賞を受賞、英国アカデミー賞2024では英国作品賞にノミネートを果たし、米アカデミー賞の前哨戦の1つであるナショナル・ボード・オブ・レビューではインディペンデント映画トップ10に選出された。

 手掛けたのは、本作が長編デビューとなる1994年生まれの新鋭シャーロット・リーガン。主演のジョージー役に、リーガン監督が白羽の矢を立て抜てきしたローラ・キャンベル。本作でスクリーンデビューを果たし、たくましさと可憐(かれん)さが共存した絶妙な演技で、英国インディペンデント映画賞ほか複数の俳優賞にノミネートされた。さらに、一人娘ジョージーと親子関係を構築しようとする不器用な父親ジェイソンにふんするのはハリス・ディキンソン。

 場面写真は、母を亡くしひとりぼっちになった12歳の少女、ジョージー(ローラ・キャンベル)の日々をとらえたもの。親友のアリ(アリ・ウズン)と自転車を盗んでは転売して日銭を稼ぎながら生きる様子や、普段強がってはいるものの、最愛の母を失い、孤独と悲しみに1人静かに耐え忍ぶ姿など、たくましくももろいジョージーの日々を切り取った。

 そして、ジョージーの前に突如現れる、行方知れずだった父親・ジェイソン(ハリス・ディキンソン)。2人が別々に過ごした年月を埋めるように、不器用ながらも距離を縮めていく様子が写し出されている。

 英国在住の作家、ブレイディみかこは「この映画は何かに中指を立てている、いやもっと上品な言葉で言えば、定説に意義を唱えた作品ではないか。『キッチンシンク』と呼ばれるタイプの英国の映画やドラマを見ている人々なら、『SCRAPPER/スクラッパー』はそのジャンルのイメージをひっくり返すものであることがわかる」と述べ、労働者階級のタフな日常や貧困を赤裸々に描く社会的リアリズムの作品を指すジャンルである「キッチンシンク」とは一線を画する、ポップさや温かさを持つ作品だと熱弁している。

 映画『SCRAPPER/スクラッパー』は、7月5日より全国公開。

※ブレイディみかこのコメントは以下の通り。

■ブレイディみかこ(作家)コメント ※パンフレット掲載コラムより一部抜粋

わたしが英国で保育士の資格を取ったときに、何度となくコースの講師に叩き込まれた言葉からこの映画は始まる。
「It takes a village to raise a child.(子供は地域で育てるもの)」
その有名な言葉にはいきなり打ち消し戦が引かれ、真っ向からそれを否定するような言葉が現れる。
「I CAN RAISE MYSELF THANKS.(私は自立しているから大丈夫)」
観る者がここで予感するのは、この映画は何かに中指を立てている、いやもっと上品な言葉で言えば、定説に意義を唱えた作品ではないかということだ。
その予感通り、「キッチンシンク」と呼ばれるタイプの英国の映画やドラマを見ている人々なら、『SCRAPPER/スクラッパー』はそのジャンルのイメージをひっくり返すものであることがわかる。

「キッチンシンク」とは、もともとは1950年〜60年代に英国で起きた文化運動のことで、映画やドラマの世界では、
それまで主流だった中上流階級の人々が主人公の物語ではなく、
労働者階級のタフな日常や貧困を赤裸々に描く社会的リアリズムの作品が「キッチンシンク」のジャンルとして確立された。
貧しい階級の日常や貧困を取り上げている点では、 『SCRAPPER/スクラッパー』も「キッチンシンク」と呼ぶことができる。

だが本作は、伝統的な「キッチンシンク」と明らかに一線を画している。
「『キッチンシンク』がいつも灰色である必要はない」ということを示しているからだ。
労働者階級の日常が悲惨な出来事だけで塗りこめられているはずがない。
どんな階層の人間の生活にも、笑いや他者との温かなつながりは存在している。
暗い灰色の「キッチンシンク」があるなら、ほっこりさせられるパステルカラーの「キッチンシンク」があってもいいのだ。

ステレオタイプに中指を立てることこそ、英国文化の伝統芸と言ってもいいのだから。
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル