top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

稲葉浩志、10年ぶりのソロアルバムリリース 横浜アリーナ公演映像同梱のプレミアムエディションも

Real Sound

稲葉浩志『只者』通常盤ジャケット

 稲葉浩志が、6月26日にソロアルバム『只者』をリリースする。

(関連:宮本浩次は“歌”と向き合う 稲葉浩志、TAKURO……ソロでステージに立つ姿から知る新たな一面

 今作は、ソロ名義としては2014年リリースの『Singing Bird』から10年ぶりのアルバムに。昨年開催のソロライブ『Koshi Inaba LIVE 2023 ~en3.5~』にて初披露された「BANTAM」「NOW」や、TCK(東京シティ競馬)2024年度CMイメージソング「Starchaser」、昨年放送のドラマ『あなたがしてくれなくても』(フジテレビ系)主題歌「Stray Hearts」など、タイアップ楽曲を含む全12曲を収録する。

 稲葉が『只者』=『何者でもないひとりの人間』として、日々を過ごす中で出会う何気ない情景や、遍在的な苦悩や葛藤を飾らない言葉で綴った歌詞と、奇を衒うことなく着実に緻密に積み重ねられたメロディによって紡いだ12編の“ドラマ”を収めた今作は、稲葉自身が編纂したアンソロジー的作品といえる1枚とのこと。

 さらに今作は、『Koshi Inaba LIVE 2023 ~en3.5~』横浜アリーナ公演の模様を収めたDVD/Blu-rayを同梱した“PREMIUM EDITION”も同時発売される。

広告の後にも続きます

 なお、稲葉は6月8日からZepp Haneda(TOKYO)にて“その日限り”の楽曲を取り入れた構成の異なるレジデンシー公演『Koshi Inaba LIVE 2024 ~en-Zepp~』を6日間開催し、6月22日からは全国ツアー『Koshi Inaba LIVE 2024 ~enⅣ~』をスタート予定だ。

(文=リアルサウンド編集部)

 
   

ランキング(音楽)

ジャンル