top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

関ヶ原に散った戦国武将「石田三成」の忘れ形見。生き長らえた6人の子供たちはどうなった?【前編】

Japaaan

1600年に勃発した「関ヶ原の戦い」。西軍の中心人物であった「石田三成」は敗戦により捕らえられ六条河原で斬首された。石田一族の多くはこの戦いで討死しているが、三成の6人の子供たちは生き長らえている

石田三成 ウィキペディアより

今回は、三成亡き後、6人の子供たちがどのような人生を歩んだのか紹介したい。

※あわせて読みたい:

各地に残る”生存説”。関ケ原の戦いに敗れた西軍の総大将・石田三成

最期まで大志を諦めない!天下の義将・石田三成がリクエストした「最後の晩餐」とは?

長男・石田重家

広告の後にも続きます

生年月日は定かではない。母は三成の正室「皎月院(こうげついん)」。1583年または1587年頃に石田三成の嫡男として誕生したと考えられている。

1600年に関ヶ原の戦いが起こると、豊臣家の人質として大阪城に留まったとされる。西軍の敗戦が決まると京都妙心寺に移り、住職の「伯蒲慧稜(はくほえりょう)」によって剃髪、仏門に入る。

1686年に死去。正確な生年月日が不明なため享年はわかっていないが、関ヶ原の戦い以前に誕生していたことは事実であり当時としてはかなりの長寿であった。また、一説には仏門に入る以前に結婚し子供をもうけており、妻子は重家が仏門に入った後、徳川家康の次男・結城秀康に保護され子孫が続いたという。

次男・石田重成

長男重家と同様、皎月院の子供である。生年月日は不明。1588年説が有力だが定かではない。1599年には豊臣秀吉の跡取りである秀頼に小姓として仕えた。

関ヶ原で西軍が敗れると大阪城にいた重成は、同じく秀頼に小姓として仕えていた「津軽信建」の助力により陸奥国・津軽へ逃れた。津軽家は領土問題で他家と対立していた際に秀吉の征伐対象にされかけたが、石田三成のとりなしによって滅亡の危機を免れた経緯があった。

弘前藩の拠点「弘前城」Wikipediaより
  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル