top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

日本での馬車と牛車の普及について

乗馬メディア EQUIA

馬車と牛車、似ているように思える2つの乗り物ですが、実は日本では明治時代になるまで馬車が普及していなかったのをご存知でしょうか?今回の記事では、馬車と牛車の用途や普及には歴史的にどのような違いがあったのかをまとめました。

それぞれの特徴や違い

馬車と牛車は、いずれも車輪の付いた乗り物を動物に曳かせる移動手段です。では日本において馬車と牛車の文化的背景にはどのような違いがあったのでしょうか?

騎馬文化はあったが馬車は普及せず

使役動物としての馬の歴史は長く、日本においても馬によって移動の利便性などが向上したと考えられています。皆さんも、武士が馬に乗っている姿は時代劇や歴史の教科書などで見たことがあるはずです。

一方で、平安時代・江戸時代などに馬車が使用されていたというイメージはないのではないでしょうか?さらに時代をさかのぼって古墳時代をみても、馬に乗っている人をかたどった埴輪が発見されていますが、馬車らしき埴輪は見つかっていません。

実際に、日本で馬車が使用されたのは主に西洋の文化を積極的に取り込んだ明治・大正時代だったといわれています。なお、その馬車も庶民にとっては敷居が高く、長距離を移動する手段としては同時期に発達した鉄道のほうが一般的だったようです。

牛車は貴族のステイタスだった?

広告の後にも続きます

馬車は主に近代になってから使用されたのに対して、牛車は奈良・平安時代を中心とする古い時代に使用されていました。現在も京都で行われる「時代まつり」などでは平安時代の装束をまとった人々とともに牛車を見ることができます。

ところで、実際に見てみると分かるのですが牛車は決して早い乗り物ではありません。現代の観光牛車について調べると時速2.6kmほどのようなので、もし昔の牛車も同じくらいであれば成人の歩行速度よりも遅いということになります。

一方、馬車は牛車よりは速く、二頭立ての馬車であれば時速4~10kmほどといわれています。さらに頭数を増やせば、人間が歩くよりもかなり速く移動することができるでしょう。

比較すれば馬車のほうが利便性は高そうですが、それでも牛車が広く貴族の間で使用されたのはなぜなのでしょうか?

実は、絢爛な牛車でゆっくりと侍従とともに路地を進んでいくことは貴族にとって「身分・権威を周囲に示す行為」であったという説があります。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル