top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

石川県・能登に伝わるUFO伝説!江戸時代に目撃された未確認飛行物体「そうはちぼん」の謎

Japaaan

能登のUFO「そうはちぼん」

石川県羽昨市(はくいし)にある「コスモアイル羽咋」という博物館を知っていますか?

こちらは宇宙関連とUFOなどの未確認飛行物体に関する展示をしている博物館ですが、開館のきっかけとなったのは、まさにこの地でUFOが目撃されたからだそうです。

江戸時代に目撃された、その未確認飛行物体は「そうはちぼん」と呼ばれました。

能登半島にある眉丈山(びじょうざん)の中腹に、夜な夜な円盤状の形をした物体が飛んでいるのが目撃されました。その円盤は発光しながら山を東から西に移動したそうです。

その形が仏具の「そうはちぼん」に似ていたため、その地では「そうはちぼん伝説」として伝わったといいます。そうはちぼんは、一般的なUFOの分類にあてはめるとアダムスキー型といえますね。

広告の後にも続きます

言い伝えには、“六所の宮から現れ一宮へ”移動し、“毎夜人を取り食はんとして日暮れ方より現れ…”などがあります。一宮は万葉集にもその名が登場する古刹の気多大社のこと(アイキャッチ画像は気多大社です)。

UFOが神社の方面へ消えていくというのが、なんとも意味深です。

また、同じ能登半島には「鍋のフタが飛んできて人をさらう」という神隠し伝説や、羽咋市寺家町の古刹である正覚院の『気多古縁起』という古文書には、「神通力で自在に空を飛行する物体」の記述もあるそうです。

羽昨市の由来は怪鳥伝説

そもそも羽昨という字が非常に珍しいですよね。

昔からこの漢字だったわけではなく、万葉集には「波久比」、平城京から出土した木簡には、「羽咋」、式内羽咋神社の社記には「羽喰」と表されています。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(おでかけ)

ジャンル