top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ユーモアたっぷりのジャッキーアクション健在 馬とのコンビアクションも 「ライド・オン」本編映像

映画スクエア

 2024年5月31日より劇場公開される、初主演作「タイガー・プロジェクト/ドラゴンへの道序章」から50年となるジャッキー・チェンが主演するアクション映画「ライド・オン」から、ジャッキーチェンが往年のアクションに加え、愛馬とのコンビアクションを披露するシーンの、本編映像が公開された。

 映像では、数的には敵に圧倒的アドバンテージがあるにもかかわらず、ジャッキー演じるルオが丸テーブルや椅子を駆使して敵を翻弄するアクションが披露される。激しいアクションの中で、頭をぶつけて痛がったり、借金取りが食べ物で足を滑らせて悲痛な声をあげたりと、テンポのいい戦闘とユーモアが混ざったジャッキー映画ならではのシーンとなっている。また、今作の相棒である愛馬・チートゥも強力な後ろ蹴りで借金取りを倒していき、映像の終わりではルオとチートゥが、息の合わせたコンビネーションで大キックを披露する。

 馬と息を合わせて演技をすることが多かった本作の撮影は一筋縄ではいかなかった。撮影現場ではジャッキー大けがを負う寸前だったこともあったという。だがジャッキーは、カメラが回っていないところでも馬に寄り添い、エサを食べさせるなどして、現場で徐々に馬との絆を深めたと語っている。

 「ライド・オン」は、かつて香港映画界伝説のスタントマンと言われたルオ・ジーロン(ジャッキー・チェン)を描いた作品。第一線からしりぞき、愛馬・チートゥとともに、エキストラなどの地味な仕事をこなしながら生活するルオ。債務トラブルをきっかけにチートゥが競売にかけられる危機に陥り、縁が遠くなっていた法学部の学生である一人娘のシャオバオ(リウ・ハオツン)に、苦肉の策で助けを求める。そんなルオのもとに、「愛馬と映画を撮ろう」という話が舞い込んでくる。それはルオに再びスタントマンとして、危険な撮影現場に立ってほしいという話だった。なんとかチートゥを守ろうとするルオは、愛馬とともに危険なスタントシーンに挑戦していく。

 主人公のルオ・ジーロンを演じるのはジャッキー・チェン。自分の分身ともいえるベテランスタントマンという設定で、これまでに演じてきた数々の作品から、命がけのアクションシーンやスタントシーンが使用されている。また、一対多数のアクションや馬のチートゥとの連携アクションも見られる。

広告の後にも続きます

【作品情報】
ライド・オン
2024年5月31日(金)ロードショー
配給:ツイン
©2023 BEIJING ALIBABA PICTURES CULTURE CO., LTD.,BEIJING HAIRUN PICRURES CO.,LTD.

 
   

ランキング(映画)

ジャンル