top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

巨人の「ネック」1番打者は誰が適任?打順別データで候補者を比較

SPAIA

巨人の「ネック」1番打者は誰が適任?打順別データで候補者を比較(C)SPAIA

リーグ5位101得点の巨人、1番の打率は.204

巨人が5月に入って8勝4敗と成績を上げている。40試合を終えた時点で21勝16敗3分けの貯金5、勝率.568。まだまだ混戦は続きそうだが、交流戦までにできる限り貯金を増やしておきたい。

投げては菅野智之が無傷の4連勝で防御率1.37と復活。16日に登録抹消されたが、阿部慎之助監督は軽症を強調している。さらに山崎伊織も4勝0敗、防御率1.51をマークしており、戸郷翔征も3勝1敗、防御率2.01と先発陣は安定している。

打線も不動の4番・岡本和真が打率.284、8本塁打、20打点と好調をキープ。投打の主軸が好成績を挙げていることは大きい。

課題を挙げるとすれば、固定できていない1番もそのひとつだろう。ここまでリーグ5位の101得点にとどまっていることと無関係ではないはずだ。今季の打順別成績は下の通りとなっている。


投手が多い9番は別にして、打率.204の1番は6番(.181)、8番(.203)に次いで低い。岡本で不動の4番は打率、本塁打ともチームトップ、2番も.253、3番も.278と悪くない打率をマークしていることから、1番の打率がもう少し上がれば得点力アップにつながるだろう。

スタメンだけでも今季1番を務めた選手は9人もいる。適任は誰なのだろうか。

丸佳浩は1番の打率.269

4月28日のDeNA戦から1番で起用されたのが35歳の丸佳浩だ。いきなり4打数3安打3打点と活躍し、5月14日のDeNA戦まで14試合連続で切り込み隊長を務めた。

その間、チームは8勝6敗と貯金を2つ増やした。丸の今季打順別成績は下の通りとなっている(途中出場も含む)。


調子の波や相手投手の巡り合わせなどもあるため一概には言えないものの、3番は打率.176、5番は打率.154と結果が出ていないのに対し、1番では.269をマーク。年齢的に走力が衰えているなど割引要素はあるものの、長打も打てる1番として適正があるのかもしれない。

15日のDeNA戦ではスタメンから外れたが、7回に代打で登場して貴重な2号2ラン。阿部慎之助監督も認める存在感だった。

萩尾匡也と門脇誠の1番適性は?

丸に次ぐ11試合で1番スタメンで起用されているのが萩尾匡也。今季の打順別成績は下の通りとなっている。


広告の後にも続きます

慶応大からドラフト2位で入団して2年目の萩尾は1番として43打数10安打の打率.233。今季の打率.240を下回っており、盗塁もなし。もう少し経験を積んで地力をつけるまでは下位打線で起用するのが良いかもしれない。

同じ2年目の門脇誠も1番で6試合にスタメン出場。今季の打順別成績は下の通りだ。


1番では打率.167だが、2番では.278、3番では.324をマーク。得点圏打率.348が示す通り、1番よりはチャンスで打順が巡ってくる確率が高い3番の方が適性がありそうだ。

開幕1番の佐々木俊輔、吉川尚輝は3番で打率3割

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル