top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

大島優子、小芝風花と年の差同期バディに! 7月期新ドラマ『GO HOME』出演決定

クランクイン!

 小芝風花が主演する7月スタートのドラマ『GO HOME~警視庁身元不明人相談室~』(日本テレビ系/毎週土曜21時)より、大島優子の出演が発表された。主人公の捜査官・三田桜(小芝)の相棒・月本真役を演じる。

 本作は、警視庁に実在する部署「身元不明相談室」をモデルにドラマ化。オリジナル脚本を担当するのは、『おちょやん』『半沢直樹』などを手掛け、2026年大河ドラマ『豊臣兄弟!』を描く八津弘幸で、日本テレビのゴールデン・プライム帯連続ドラマ初挑戦となる。

 本作は、社会問題になりつつある、全国に2万体も存在するどこの誰かも分からない“名もなき遺体”の身元を特定し、家族の元に帰すことが役目の「警視庁身元不明人相談室」が舞台となる。

 地味で誰も行きたがらない警視庁の部署に自ら志願して配属された変わり者・三田桜(小芝)と、10歳上の同期・月本真は、性格も趣味もまるで正反対。明るく天真らんまんな桜と、クールで冷静沈着な真。顔を合わせればいがみ合ってばかりだが、一人でも多くの身元不明者を家族の元に帰したい思いは一緒。ご遺体に残されたわずかな手掛かりを頼りに謎を解くミステリー×ヒューマンドラマで完全オリジナルストーリーだ。

 事件発生から犯人逮捕までの王道“警察ドラマ”ではなく、身元不明のご遺体から始まり、秘められた死者の思いを描く、ありそうでなかった警察エンターテインメントだ。

 このたび、警視庁身元不明人相談室・捜査官の月本真役を、大島優子が演じることが明らかに。月本真は、三田桜(小芝)の10歳年上の同期で、性格も趣味もまるで正反対の冷静沈着な捜査官。一見クールだが、心の底では身元不明者を家族の元に帰したいという熱い思いを抱えている。桜の相棒(バディ)として、ご遺体に残された手掛かりを頼りに奔走していく。そんな真が、地味な部署である身元不明人相談室を志望した背景には、ある哀しい過去があった…。

 大島は「純粋に今回お話しをいただけて嬉しかったです。これまで警察ドラマにいくつか出演させていただきましたが、今回舞台となる『警視庁身元不明人相談室』はこれまでとは異なる警察ドラマになると感じました。描かれる状況は苦しい心情になるものもありますが、残されたご家族の元に帰したいという真っ直ぐな思いがこの作品のテーマになっていて、私が演じる真も桜と同じその強い思いを抱いた人物です。その桜・真の思いを通じて真相が描かれることによって、僅かでも頑張っている人の背中を押すことができたり、明日への活力に繋がると良いなと思いながら、台本を読ませていただきました」と、作品への想いをコメント。

 続けて「なによりも毎週楽しみに見ていただくのが一番だと思うので、そんなドラマになるように役に挑んでいきたいと思います。また、ご一緒できるのが嬉しい共演者の方々ばかりで、個性豊かな相談室のメンバーとのお芝居は今からどんなシーンになるかとても楽しみです。特にバディを組ませていただく小芝さんが演じる桜は、台本の読み合わせの時からもう桜そのもので、バディとして一緒にお芝居できるのが今からとても楽しみです」と抱負を語っている。

 プロデューサー・荻野哲弘は「小芝風花さん演じる三田桜と同期入庁の相棒で、出版社の記者から転職した月本真を、いつかご一緒したいと願っていた大島優子さんに演じていただけると決まった時、心底ワクワクしました。亡くなった方の想いに寄り添い感情が先行しがちな桜と、遺された方の心に寄り添う冷静沈着な真を小芝さんと大島さんに演じていただければ、日テレドラマ史に残る素敵なバディ誕生!になると予感したからです」とコメント。「大島さんが演じる真は、責任感が強い“しっかり者”であると同時に、天然なチャーミングさを併せ持つキャラクターで、先日行われた本読みでは小芝さんとの絶妙な間合いの掛け合い芝居を披露していただき、予感は確信に進化しました」と手ごたえを口にする。

 そして、「このドラマのテーマの一つである、人が連帯して誰かの役に立つべく尽力することの尊さを、このお二人なら間違いなく体現してくださると思います。これから社会に出る視聴者の皆さんには、『桜と真のように働きたい!!』と思っていただきたいと願ってやみません」とメッセージを寄せている。

 ドラマ『GO HOME~警視庁身元不明人相談室~』は、7月より日本テレビ系にて毎週土曜21時放送。
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル