top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

たらこのプロ×中国料理界の巨匠の究極タッグが作る「黒胡椒たらこ」/るぅさんのおすすめお取り寄せ vol.55

おいしいマルシェ

「たらこ」はすけそうだらの卵を塩蔵したもの。「明太子」はすけそうだらの卵を塩蔵した後、唐辛子などを使った調味液で味付けしたもの。似て非なるものですが、どちらもそれぞれの良さがありますし、どちらが好きかと聞かれたら、とっても悩ましいもの。

でも今日はそこに新たな候補を加えさせてください。東京・赤坂にある人気の中国料理店「Wakiya」さんの「黒胡椒たらこ」です!
※商品はおとりよせネットさんから送っていただきました。

名称は「たらこ」ですが、こちらは、すけそうだらの卵を塩蔵したあと、特製の調味液で漬け込んだ特製のたらこ。そしてその調味液は、中華テイストという新ジャンル!なかなかない組み合わせですが、これがとっても美味しいんです。

たらこのプロ×中国料理界の巨匠という贅沢タッグ

黒胡椒たらこに使われているたらこは、北海道噴火湾で水揚げされた鮮度抜群なすけそうだらの成熟卵。それを丁寧に漬けあげたのは道場水産さん。

道場水産さんと言えば、日本有数のすけそうだらの漁場「噴火湾」で獲れるすけそうだらを使った近海たらこがとっても有名。近海たらこを作り続けて50年という、いわばたらこのプロ。

広告の後にも続きます

そんなたらこを漬け込む調味液は、あの、中国料理界の巨匠とも言われる脇屋友詞シェフオリジナルの特製醤!使用している中華調味料はすべてWakiyaオリジナルという超絶贅沢な特製醤なのです。

また、噴火湾のたらこは、皮が薄く、キメ細かなことでも有名ですが、黒胡椒たらこも本当に皮が薄く、するっと噛み切れるほど。たらこの粒も細やかで一粒一粒がとっても繊細。でも粒がぎっしり詰まっているので、皮全体にハリがあり、たらこは驚くほどプリプリパツパツ。

美味しさを存分に味わうなら白ご飯で!

たらこのプロ×中国料理界の巨匠という究極のタッグが作る黒胡椒たらこ、美味しさを存分に味わうならおすすめはやはり白ご飯です。

熱々のご飯に黒胡椒たらこをのせれば、ふわっと香りが立ち、香りからもう美味しい。そんな香りを楽しみつつ口に含めば、たらこ自体の旨味と、それを包み込む特製醤の旨味が一気に広がり、もう美味しいのなんの。決して主張しすぎず、爽やかに香る黒胡椒は絶妙なアクセント!

バターは私の趣味でのせたものですが、想像してください。とろ~っととろけるバターに、爽やかな黒胡椒の香り、旨味満載な特製醤と、プチプチなたらこ。合わないワケがないんです。もう、運命の出会い!

白ご飯以外とも好相性!

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル