top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

紫式部と夫・藤原宣孝の間に訪れる悲劇…。悲しみを乗り越えあの世界的古典が生み出される【後編】

Japaaan

宣孝の死

大河ドラマ『光る君へ』で話題沸騰中の紫式部。【前編】では、彼女の夫である藤原宣孝との関係がぎくしゃくしてしまったところまでを説明しました。

前編の記事:

紫式部と夫・藤原宣孝の間に訪れる悲劇…。悲しみを乗り越えあの世界的古典が生み出される【前編】

結婚から約3年が過ぎた長保3(1001)年4月25日、藤原宣孝は亡くなります。正確な死因は不明ですが、前年末から京に蔓延していた疫病に罹ったという説があります。

広告の後にも続きます

天暦4(950)年生まれだとすると、宣孝はこの年52歳。また紫式部も当時30歳程度と推測され、結婚からほんの数年で彼女は未亡人となり、シングルマザーとして生きていくことになったのです。

紫式部(Wikipediaより)

宣孝の心が自分から離れていたことを自覚してはいたものの、やはり夫の突然の死は紫式部に大きな悲しみと不安をもたらしました。

歌とその後の回顧

長保3年の暮れには、円融天皇の女御で、一条天皇の母である藤原詮子が崩御しました。

これを受けて、京都の貴族たちも誰もが喪服を着たのですが、夫を亡くした紫式部はすでに喪服を着ていたと言われています。そこで紫式部は、

 なにかこの ほどなき袖を ぬらすらむ 霞の衣 なべて着る世に
 (取るに足らない私は、どうして夫の死を悲しんで袖を濡らしているのでしょう。国中の方が喪服を着ている時に)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル